濱田茉優は2日連続で60台 女子大会の好スコア続出に懸念

公開日:  更新日:

【大東建託・いい部屋ネットレディス】

 大会2日目が終わり、通算10アンダーまで伸ばして単独トップに立った濱田茉優(21)が、自身のスコアに一番驚いた。

「2日続きでこんなにいいスコアは初めてなので、自分でもすごいビックリしている」

 濱田はプロ3年目でベスト成績は今季のサマンサタバサレディース5位。トップ10入りはこの1回だけで、もちろん賞金シードは一度もない。ツアーで2日続けての60台(66.68)は初体験だった。

 それでなくても今大会はキム・ハヌルが初日に64をマークするなどアンダーパーが52選手。2日目のベストスコアは65で、60台は34選手と好スコアが続出している。だからカットラインも通算1アンダーまでとハイレベルだ。プロアマ戦が行われた水曜日に大雨が降り、グリーンが止まりやすくなっているとはいえ、バーディーが大量に出ている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  9. 9

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る