• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

キム・ハヌル楽々 韓国ツアー幹部が日本大会の易しさ指摘

 今年から4日間開催になり、優勝賞金も720万円アップの2160万円になった本大会。初日は今季3勝を挙げて賞金レース首位のキム・ハヌル(28)が、3番からの5連続を含む8バーディー、ノーボギーの64で回り単独トップに立った。

「結構惜しいパットもありました。ここは(富士山の影響もあって)グリーンのライン読みが難しく、錯覚して傾斜が逆に見えてしまう所がある。しっかりグリーンを把握することが大切だと思います」

 本人はそう言ったが、平均パット数がランク2位とグリーン上での数字が光っている。

■韓国のコース設定「2倍以上難しい」

 ハヌルに限らず、韓国選手は勝負パットは絶対に外さない、ねじ込んでくるというイメージが強い。韓国ゴルフ事情に詳しいジャーナリストの太刀川正樹氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事