猛打で初の甲子園 藤枝明誠は静岡高1強時代に風穴あけた

公開日: 更新日:

 昨夏2回戦、昨秋中部地区決勝、今春準決勝でいずれも敗れた静岡に、この夏の準決勝で雪辱したのが藤枝明誠(静岡)だ。プロ注目左腕・池谷をKOし、14―6で天敵を撃破した。

 スピードボール対策として、130キロに設定したマシンを通常より5メートル以上も打者寄りに置き、ガンガン打ちまくった。体感速度が150キロの速球を克服する練習が奏功した。

 決勝も日大三島の好左腕・海野を攻略。静岡戦の23安打に続き、20安打を浴びせ、打ち勝った。決勝での23得点は大会史上最多。圧倒的な打撃力で甲子園初出場を決めた。

 2011年に静清を初のセンバツ出場に導いた光岡孝監督(39)が13年秋に就任。入学時は上手投げだったエースの久保田蒼布(3年)は、監督のアドバイスでサイドに転向し、才能が開花した。130キロ前後のキレのいい直球とスライダーが武器。昨冬、静岡県選抜としてオーストラリア遠征で好投し、名を上げた。早実の清宮らとともにU―18高校日本代表の第1次候補30人に選出されている。ただ、打つだけのチームではないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  4. 4

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  7. 7

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  8. 8

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  9. 9

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  10. 10

    打ち切り説「バイキング」に拡大報道…フジは坂上忍と心中

もっと見る