• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

猛打で初の甲子園 藤枝明誠は静岡高1強時代に風穴あけた

 昨夏2回戦、昨秋中部地区決勝、今春準決勝でいずれも敗れた静岡に、この夏の準決勝で雪辱したのが藤枝明誠(静岡)だ。プロ注目左腕・池谷をKOし、14―6で天敵を撃破した。

 スピードボール対策として、130キロに設定したマシンを通常より5メートル以上も打者寄りに置き、ガンガン打ちまくった。体感速度が150キロの速球を克服する練習が奏功した。

 決勝も日大三島の好左腕・海野を攻略。静岡戦の23安打に続き、20安打を浴びせ、打ち勝った。決勝での23得点は大会史上最多。圧倒的な打撃力で甲子園初出場を決めた。

 2011年に静清を初のセンバツ出場に導いた光岡孝監督(39)が13年秋に就任。入学時は上手投げだったエースの久保田蒼布(3年)は、監督のアドバイスでサイドに転向し、才能が開花した。130キロ前後のキレのいい直球とスライダーが武器。昨冬、静岡県選抜としてオーストラリア遠征で好投し、名を上げた。早実の清宮らとともにU―18高校日本代表の第1次候補30人に選出されている。ただ、打つだけのチームではないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る