• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

猛打で初の甲子園 藤枝明誠は静岡高1強時代に風穴あけた

 昨夏2回戦、昨秋中部地区決勝、今春準決勝でいずれも敗れた静岡に、この夏の準決勝で雪辱したのが藤枝明誠(静岡)だ。プロ注目左腕・池谷をKOし、14―6で天敵を撃破した。

 スピードボール対策として、130キロに設定したマシンを通常より5メートル以上も打者寄りに置き、ガンガン打ちまくった。体感速度が150キロの速球を克服する練習が奏功した。

 決勝も日大三島の好左腕・海野を攻略。静岡戦の23安打に続き、20安打を浴びせ、打ち勝った。決勝での23得点は大会史上最多。圧倒的な打撃力で甲子園初出場を決めた。

 2011年に静清を初のセンバツ出場に導いた光岡孝監督(39)が13年秋に就任。入学時は上手投げだったエースの久保田蒼布(3年)は、監督のアドバイスでサイドに転向し、才能が開花した。130キロ前後のキレのいい直球とスライダーが武器。昨冬、静岡県選抜としてオーストラリア遠征で好投し、名を上げた。早実の清宮らとともにU―18高校日本代表の第1次候補30人に選出されている。ただ、打つだけのチームではないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  3. 3

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  4. 4

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  7. 7

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  8. 8

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る