進学でもプロでもない 早実清宮の進路に“第3の選択肢”

公開日: 更新日:

「これで進路はいよいよ混沌としてきましたね」

 こう言うのは、早実の清宮幸太郎を担当するプロ球団のスカウトだ。

 30日、西東京大会決勝で早実が東海大菅生に敗退。高校生活最後の夏に甲子園への切符を逃したことは、清宮の今後の進路に大きく影響すると言うのだ。

「清宮が今夏の甲子園で大暴れすれば、おのずと『日本のプロ野球に進むのが当然』という機運が生まれる。世論の後押しが強くなり、プロ入りは既定路線になっていく。即プロに行かざるを得ない空気になります。大学進学やメジャーリーグに行くという話は自然と吹き飛ばされてしまうでしょう。けれども、それができなかったのだから、話は変わってきますよ」

 たとえば、清原和博、松井秀喜、松坂大輔、田中将大、ダルビッシュ有らがプロ入り前からスターとして注目を浴び、当たり前のようにプロ入りしたのは、最後の夏に甲子園で活躍したことが大きかった。清宮はしかし、そうではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  8. 8

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  9. 9

    女優と歌手で本格復帰も…柴咲コウを縛る“三足目のワラジ”

  10. 10

    病床の堀江しのぶを守るため“天敵”梨元勝にメディア対応依頼

もっと見る