2発含む5安打6打点の大爆発 G亀井が語っていた引退の覚悟

公開日:  更新日:

 静岡で行われた1日のヤクルト戦で、巨人の亀井善行(35)が2本塁打を含む5打数5安打6打点の大爆発。今季最多の18安打10得点、今季初の2ケタ得点で4度目の4連勝に貢献した。

 実は1カ月半ほど前、「引退」を口にするほどショックを受けていた。6月のロッテ戦で前打者のマギーが3回も敬遠され、亀井が三度目の正直で逆転サヨナラ本塁打を放った試合だ。

「本当に心が折れていたので、奇跡としか言いようがない。最後、打てなかったら命を取られると思って行った」とお立ち台で号泣。後日、この時の気持ちをこう打ち明けていた。

「最後に打てて良かったというか、ホッとしたというか……。でも、3回も敬遠されて勝負されてるようじゃね。プロとしてどうなんですかね。ホント、悔しいやら情けないやら……。正直なところ、もしあそこでも打てなかったら、ボク、引退しようと思っていたんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  9. 9

    札幌で停電…金子マリの息子を背負いホテルの11階まで上る

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る