• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

コーチ候補のOB敬遠 侍ジャパン稲葉新監督にさっそく難題

 侍ジャパンの次期監督に内定していた稲葉篤紀前日本代表打撃コーチ(44=元日本ハム)の就任が正式決定。31日に東京都内で記者会見が開かれることになった。

 今回の侍ジャパンを率いる指揮官は、2020年東京五輪の野球日本代表監督も兼ねる。野球は3大会ぶりの五輪復帰でしかも、地元開催。金メダルが至上命令とされる中、プロ球団で選手兼任コーチ以外の指導者経験がない稲葉氏の就任に、球界では首をかしげる向きも多い。加えて、指揮官を支えるコーチ陣の人選もまだ不透明だという。

「そもそも、侍ジャパンの首脳陣は報酬が高くない。特にコーチ陣はWBC本大会の出場手当は別として、強化試合などで代表が招集された期間のみ日当が出て、それも1日5万円程度だといわれている。それで、負ければ袋叩きに遭うわけだから、“責任の重さと実入りのバランスが悪すぎる”と、侍ジャパンを敬遠するOBが多いからね。44歳の稲葉が監督になって、その脇を固めるコーチ陣も若手・中堅OBが中心になるのだろうが、そういう若い連中の中には当然、球団のコーチ、監督の予備軍も多い。3年後の東京五輪まで侍ジャパンに“身柄拘束”されるのは勘弁、となるのが普通。思い通りの組閣ができるかは微妙だよ」(球界OB)

 現時点でコーチ候補として名前が出ているのは、稲葉監督の現役時代の同僚で日本ハム現職コーチの金子誠打撃コーチ(41)のみ。稲葉ジャパン、すんなり船出しそうにない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る