“汚名”返上のサヨナラ打 巨人相川は来季へクビつながった

公開日: 更新日:

 巨人の「オヤジ」が存在感を示した。

 30日のDeNA戦。1点差で迎えた九回2死走者なしから、連打で一、三塁の好機を迎えた場面だった。ここで途中出場の相川亮二(41)が左中間へ二塁打を放ち、走者2人が生還。巨人移籍3年目にして初のサヨナラ打にお立ち台で、「打ってないのに監督が使ってくれた。期待に応えたかった。オヤジでもまだまだできるんだというところを見せたかったので本当にうれしい」と笑顔を見せた。
 多くの意味を持つ一打である。さるチーム関係者がこう言うのだ。

「暴行事件を起こし、謹慎中の山口俊(30)と相川は誕生日が同じ今月11日。まだ事件が発覚する前の15日に都内の焼き肉店で合同誕生会を開いた写真が、他の出席者によってSNSにアップされていた。その後の18日、山口俊が11日未明に事件を起こしていたことが発覚。その写真がネット上で拡散したせいで、誕生会に同席していた相川まで球団に事情を確認されるはめになった。横浜時代からかわいがっている後輩が、4日前にまさか病院で事件を起こしているなんて知らなかった本人はもちろんおとがめなしでも、まるで事件の関係者のようなイメージになってしまい、困惑していたようです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  10. 10

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

もっと見る