“汚名”返上のサヨナラ打 巨人相川は来季へクビつながった

公開日:

 巨人の「オヤジ」が存在感を示した。

 30日のDeNA戦。1点差で迎えた九回2死走者なしから、連打で一、三塁の好機を迎えた場面だった。ここで途中出場の相川亮二(41)が左中間へ二塁打を放ち、走者2人が生還。巨人移籍3年目にして初のサヨナラ打にお立ち台で、「打ってないのに監督が使ってくれた。期待に応えたかった。オヤジでもまだまだできるんだというところを見せたかったので本当にうれしい」と笑顔を見せた。
 多くの意味を持つ一打である。さるチーム関係者がこう言うのだ。

「暴行事件を起こし、謹慎中の山口俊(30)と相川は誕生日が同じ今月11日。まだ事件が発覚する前の15日に都内の焼き肉店で合同誕生会を開いた写真が、他の出席者によってSNSにアップされていた。その後の18日、山口俊が11日未明に事件を起こしていたことが発覚。その写真がネット上で拡散したせいで、誕生会に同席していた相川まで球団に事情を確認されるはめになった。横浜時代からかわいがっている後輩が、4日前にまさか病院で事件を起こしているなんて知らなかった本人はもちろんおとがめなしでも、まるで事件の関係者のようなイメージになってしまい、困惑していたようです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  5. 5

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る