• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

酒乱暴行のG山口俊 示談なら年内謹慎からトレード要員へ

 巨人の山口俊(30)の処遇に注目が集まっている。

 11日未明に都内で飲酒した際に右手甲にケガを負い、その後に都内の病院で扉を破壊し、男性警備員を負傷させた「泥酔暴行事件」を起こし、本人は謹慎中だが、先日、老川オーナーが「活躍してもらえると思って(FAで)来てもらっているが、ああいうトラブルを起こされて球団としては大変困ったと思っている。本人も非を認めているということなので、ある程度の判断をつけざるを得ない」と苦言を呈していた。

 球団内には「警視庁の捜査次第では解雇も免れないのではないか」との強硬な声もあるが、オーナーが言う「ある程度の判断」とはどのようなものなのか。

「たとえ示談が成立しても、ことがことだけに『年内謹慎』は確実です。今後、再び東京ドームのマウンドに上がれるか。復帰したところでチーム内に居場所があるか。この一件で酒に酔って人に暴行を加えるという『輩』のイメージがついてしまった。戦力的には現時点で1勝1敗。高橋監督がそんな投手を使うのか。トレードもあるともっぱらです」(チーム関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  9. 9

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

  10. 10

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

もっと見る