15番痛恨ダブルボギーで予選落ち 宮里藍に見えた力の限界

公開日: 更新日:

【全英リコー女子オープン】

 本場スコットランドのタフなリンクスコースにしてはスコアが伸びている。天候が大荒れでない証拠だ。単独トップに立ったキム・インキョン(29=韓国)は通算11アンダーまでスコアを伸ばし、予選通過は1アンダーまでの77選手だった。

 初日イーブンパー73位タイ発進の宮里藍(32)は1つスコアを縮めることができれば決勝に進めたが、74とスコアを崩して自身最後の全英女子オープンは予選2日間で終わった。

 この日は出だし1番(パー3)からつまずいた。ティーショットがグリーン左のバンカーにつかまると、次打はピンによらずボギー先行。前半は5番バーディーで1つ取り戻したが、直後の6番がボギー。そして8番は1メートルのパーパットがカップに蹴られて3つ目のボギーとして通算2オーバーでターン。折り返して11番、13番で6メートル前後のバーディーパットを決めてスタート時のイーブンパーまで戻した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  4. 4

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  5. 5

    コンサル派遣で病院支援…官民ファンド“焼け太り”の裏事情

  6. 6

    石田純一「法的手段も考えている」の裏に理子夫人への鬱積

  7. 7

    マスクが着用できない自閉症児を搭乗拒否…航空会社に賛否

  8. 8

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  9. 9

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  10. 10

    石田純一芸能界コロナ離婚第1号か 妻の東尾理子が怒り心頭

もっと見る