• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大阪世界陸上では54選手中14人が酷暑で途中棄権し9人失格

世界陸上男子50キロ競歩に出場した谷内氏(C)共同通信社

谷内雄亮氏(07年大阪世界陸上・50km競歩出場)

 今年の東京の8月は梅雨のようだが、3年後の東京五輪は例年のごとく酷暑が予想される。マラソンや競歩の選手にとって暑さ対策は成績だけでなく、自身の体を守るためにも重要だ。

 厳しい夏の戦いといえば、2007年の世界陸上大阪大会(8月25日から9月2日)…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事