• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

35歳やる気満々 “大物食い”嘉風の関脇復帰に上位陣警戒

 老いてますます盛ん、という言葉はこの力士のためにある。

 35歳のベテラン嘉風が、28日に発表された9月場所の新番付で関脇に返り咲いた。嘉風は昨年1月場所で初めて関脇に昇進。2場所で陥落したが、1年半ぶりの復帰となった。35歳5カ月での関脇昇進は昭和生まれ以降、最高齢という記録だ。

「キレは20代後半の方があったけど、今が一番、力を出せる」と、やる気に満ちている嘉風。これに戦々恐々なのが、上位陣だろう。

 先場所は初日から日馬富士、豪栄道を立て続けに破るなど、1横綱2大関を撃破。5月場所の初日でも稀勢の里を圧倒し、2横綱1大関に土をつけた。大物食いには定評がある。

 本人が話す通り、相撲巧者ぶりに磨きがかかり、土俵上の駆け引きも円熟味を増すばかり。白鵬とは1勝15敗と相性が悪いが、相撲記者は「白鵬も嘉風を嫌っている」と、こう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  6. 6

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る