琴欧洲勝紀
著者のコラム一覧
琴欧洲勝紀大相撲元大関

本名は安藤カロヤン。帰化前の本名はカロヤン・ステファノフ・マハリャノフ。1983年2月、旧ブルガリア人民共和国出身。佐渡ケ嶽部屋に入門し、2004年9月場所で新入幕。06年1月場所から大関に昇進し、08年5月場所で初優勝を果たした。14年に引退した後は佐渡ケ嶽部屋の部屋付親方を務めていた。幕内通算466勝322敗63休。大関在位47場所は歴代4位。現役時代は202センチ、157キロの巨躯で、右四つ、上手投げを得意とした。

「相撲は大関 師匠は序ノ口」 独立費用は1000万円以上

公開日:  更新日:

「部屋を創設する費用は自分の貯金を取り崩した」

 欧州出身初の親方として、今年4月に独立した元大関琴欧洲こと鳴戸親方(34)。引退後は佐渡ケ嶽部屋の部屋付親方だったが、いまや一国一城の主となった。鳴戸親方自身は「僕やおかみはまだまだ新米、序ノ口です」と笑う。部屋の運営、弟子の指導など、どんな苦労があるのか。

 東京スカイツリーに隣接する押上駅から徒歩7、8分、墨田区横川に鳴戸部屋はある。約50坪の面積で、1階に土俵があり、2階は弟子や親方の部屋となっている。弟子は4人。関取はまだおらず、序二段の欧翔山が最高位だ。

「ここは賃貸なんです。もともとはお菓子工場だったみたいで、その後は貸倉庫になっていた。そこから住みやすいようにするのは大変でしたよ。去年12月に契約して、図面を引いて……。工事期間は2、3カ月くらい。初めは何もなかった。玄関もなく、シャッターだけでした(笑い)。ほら、その壁を見てくださいよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  6. 6

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  7. 7

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る