ついに左足首手術も いまだ平幕止まり遠藤の遅すぎた決断

公開日: 更新日:

「現役中は手術はしない。引退したらする」

 かねてこう話していた遠藤(26)が、とうとう腹をくくった。

 追手風親方(元幕内大翔山)によれば、7月下旬に内視鏡手術で左足首の遊離軟骨を除去。遠藤は先場所、「左足関節靱帯損傷」で5日目から途中休場していた。

「治療しながら9月場所に向けて頑張ってほしい」

 とは追手風親方だが、手術はあまりに遅すぎた、という声がほとんどだ。すべての発端は新入幕を果たした2013年9月場所にある。遠藤はザンバラ髪でデビューしたこの場所、あれよあれよという間にお茶の間の人気者に。しかし、終盤で左足を捻挫し、14日目から途中休場を余儀なくされた。さらに後日、左足の剥離骨折、アキレス腱炎まで発覚。その後はだましだまし、相撲を取っていたが、15年には左ヒザの半月板と十字靱帯損傷という重傷を負ってしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  2. 2

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  3. 3

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  4. 4

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  5. 5

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  6. 6

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  7. 7

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  8. 8

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  9. 9

    朝ドラで存在感 元乃木坂46深川麻衣は女優で大成できるか

  10. 10

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

もっと見る