U18メキシコに大勝発進 主将・清宮は米国戦に意気込み

公開日:  更新日:

 雲の切れ目から、時折カナダ特有の黄色い日差しが青々とした天然芝に照りつける中、2年ぶりの国際舞台で日本の4番兼キャプテンが好スタートを切った。

 U18W杯日本代表は日本時間2日未明(現地時間9月1日9時30分開始)、1次ラウンドB組初戦でメキシコに10―1で大勝。「4番・一塁」でスタメン出場した清宮幸太郎(3年=早実)は3打数1安打1打点で勝利に貢献した。

 2打席目には、外角速球を流し打って左翼にライナーで運ぶと、3打席目は1死三塁の好機で中堅に犠飛を放って貴重な中押し点を挙げた。4打席目は初球の134キロのストレートを待ってましたとばかりにフルスイング。打球は右翼へグングン伸びて本塁打かと思われたが、フェンス手前で風に押し戻されて失速。「もうちょっとしっかりスタンドまで入れたかったですね」と、苦笑いを浮かべた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る