木製バットで高校最多108号 早実清宮にスカウトの本音は

公開日:  更新日:

「早実の清宮幸太郎も履正社の安田尚憲も、金属から木製バットに変わっても違和感はなかった。自分のポイントできちんととらえた打球は、それなりに飛距離も出ていましたからね」

 こう言うのは在京球団のスカウトだ。

 25日、U18日本代表が千葉工大と練習試合。高校歴代最多を更新する通算108号を放った清宮と、2本塁打の安田に関して「木のバットへの対応は問題ない。ともにドラフト1位クラスの実力の持ち主」と言うのだ。

「ただ、打撃技術は清宮がはるかに上。右前打と本塁打はバットを体の内側から出し、腕をうまくたたんでボールをとらえていた。腕を体に巻き付けるようなスイングを身に付けています。そこへいくと安田はセンバツ時に比べてタイミングの取り方などは良くなっていますが、軸回転で打っていたわけではない。特に外角球に対して、体の軸が崩れてしまうことがあるのです。しっかりとしたスイングを身に付けるまで、少し時間がかかる気がしますけどね」(前出のスカウト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  9. 9

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  10. 10

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

もっと見る