巨人も中村に方向転換? 清宮“早大進学で決まり”は本当か

公開日:

 ドン! センターまで121メートルのバックスクリーン付近に打球が飛び込むと、見守った2人のプロのスカウトは、呆れたような笑顔を見せた。

 U18W杯(9月1~11日=カナダ)に出場する高校日本代表が22日、千葉県内で合宿を開始。107本塁打で高校通算記録に並んでいる早実の清宮幸太郎(3年)は、大会で使用する木製バットを使った打撃練習で9本のサク越えを放ち、「詰まったのもあったけど、打球もよく飛んだし、体がなまってる感じは全くない」と汗を拭った。

 それにしても寂しい限りである。清宮は先月30日の西東京大会決勝で東海大菅生に敗れて以来となる久々の公の場。にもかかわらず、押し寄せたマスコミとは対照的に、顔を見せたプロのスカウトは、阪神とオリックスの2球団のみだったのだ。

 理由はこの日の甲子園準決勝でも2発を放った、広陵・中村奨成(3年)の出現ばかりではない。1985年に清原(PL学園)がマークした甲子園の大会個人最多本塁打記録を更新する1大会6本でスタンドのド肝を抜いた中村とは対照的に、パ・リーグのあるスカウトが清宮に関してこう言うのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る