オーナーが意味深発言 楽天12年ぶり10連敗で監督解任も

公開日:

 エースが力尽きた。

 3日のソフトバンク戦に先発した楽天の則本(26)。八回まで3安打無失点とソフトバンク打線を手玉に取っていたが、0―0のまま迎えた九回、デスパイネにサヨナラ打を浴び、ゲームセット。則本はグラウンドに崩れ落ち、両目からは涙があふれていた。

 試合後は「勝ちたかった」と悔しさをにじませた則本。しかし、本当に泣きたいのは梨田監督だろう。この日の敗戦で、チームは球団創設の05年以来、12年ぶりの10連敗となったのだ。

 今季は開幕から快進撃を続け、前半戦を首位ターン。名将だ何だとチヤホヤされていたところに、突然の急失速で3位に転落した。指揮官自身、「(前半戦は)日程に助けられていた。そのツケは夏に必ず回ってくる」と、ある程度は過密日程による苦戦を覚悟していたが、その「ツケ」がここまで大きいとは予想だにしなかったはず。8月15日以降は1勝16敗1分けと、目を覆わんばかりの成績だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  9. 9

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  10. 10

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

もっと見る