• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

優勝どころか2位も危ない 楽天大失速に助っ人依存のツケ

 鷹に振り落とされ、獅子にも食われる寸前だ。

 6連敗中の楽天。デッドヒートを繰り広げていたはずの首位ソフトバンクにあっという間に6・5ゲーム差をつけられ、3位西武にも1.5ゲーム差と猛追されている。

 失速の原因は後半戦の過密日程による夏バテと、本塁打を量産してきた助っ人の不調が大きい。

 チーム本塁打数109本のうち、半分以上となる65本をペゲーロ(21本)、アマダー(18本)、ウィーラー(26本)の3人が放ってきたが、「超攻撃的2番」として機能していたペゲーロが先月24日に故障で離脱。今月16日に復帰したものの、連敗中は本塁打も打点もない。

 ウィーラーのここ1週間の打率は1割台まで沈み、自身のバットが湿り始めると守備までおろそかになって現在はリーグワーストの15失策を記録している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事