連戦地獄半ばで息切れ…楽天が西武10連勝を後押しの皮肉

公開日: 更新日:

 快進撃を後押しした。

 1日、西武が楽天に快勝。11年以来6年ぶりの10連勝の立役者は、ほかならぬ対戦相手の楽天だった。

 象徴的だったのは3点ビハインドの六回。無死一、二塁の場面で、先発の辛島の犠打野選で満塁に。ここで2番手でマウンドに登った菅原は押し出し四球。直後には投ゴロを本塁へ悪送球して追加点を許すなど投手陣のミスが続いて自滅したのだ。

 試合後の梨田監督は「ミスが重なって差が出た。あげなくていい点がありましたね」とため息。

 与田投手コーチはこう言った。

「辛島はストライクとボールがハッキリしすぎていた。完全に“ノー感じ”。ここからずっと6連戦が続くから、こういうピッチャーも出てくると思う。今日みたいなミスに関しては、ただただ練習させるしかないね」

 西武の辻監督は10連勝に、「勢いだけとは思わない。これだけ点を取って勝っているし」と話したが、相手のミスが重なれば点もボカスカ入るわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  8. 8

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  9. 9

    女優と歌手で本格復帰も…柴咲コウを縛る“三足目のワラジ”

  10. 10

    病床の堀江しのぶを守るため“天敵”梨元勝にメディア対応依頼

もっと見る