• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

連戦地獄半ばで息切れ…楽天が西武10連勝を後押しの皮肉

 快進撃を後押しした。

 1日、西武が楽天に快勝。11年以来6年ぶりの10連勝の立役者は、ほかならぬ対戦相手の楽天だった。

 象徴的だったのは3点ビハインドの六回。無死一、二塁の場面で、先発の辛島の犠打野選で満塁に。ここで2番手でマウンドに登った菅原は押し出し四球。直後には投ゴロを本塁へ悪送球して追加点を許すなど投手陣のミスが続いて自滅したのだ。

 試合後の梨田監督は「ミスが重なって差が出た。あげなくていい点がありましたね」とため息。

 与田投手コーチはこう言った。

「辛島はストライクとボールがハッキリしすぎていた。完全に“ノー感じ”。ここからずっと6連戦が続くから、こういうピッチャーも出てくると思う。今日みたいなミスに関しては、ただただ練習させるしかないね」

 西武の辻監督は10連勝に、「勢いだけとは思わない。これだけ点を取って勝っているし」と話したが、相手のミスが重なれば点もボカスカ入るわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  3. 3

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

  4. 4

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  5. 5

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  6. 6

    マキタスポーツらFA成功も…お笑い芸人に大淘汰時代の到来

  7. 7

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  8. 8

    「すれ違いが原因」に違和感 NHK桑子アナの離婚の真相は?

  9. 9

    X JAPAN・ToshI バラエティーで引っ張りだこの意外な理由

  10. 10

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

もっと見る