連戦地獄半ばで息切れ…楽天が西武10連勝を後押しの皮肉

公開日: 更新日:

 快進撃を後押しした。

 1日、西武楽天に快勝。11年以来6年ぶりの10連勝の立役者は、ほかならぬ対戦相手の楽天だった。

 象徴的だったのは3点ビハインドの六回。無死一、二塁の場面で、先発の辛島の犠打野選で満塁に。ここで2番手でマウンドに登った菅原は押し出し四球。直後には投ゴロを本塁へ悪送球して追加点を許すなど投手陣のミスが続いて自滅したのだ。

 試合後の梨田監督は「ミスが重なって差が出た。あげなくていい点がありましたね」とため息。

 与田投手コーチはこう言った。

「辛島はストライクとボールがハッキリしすぎていた。完全に“ノー感じ”。ここからずっと6連戦が続くから、こういうピッチャーも出てくると思う。今日みたいなミスに関しては、ただただ練習させるしかないね」

 西武の辻監督は10連勝に、「勢いだけとは思わない。これだけ点を取って勝っているし」と話したが、相手のミスが重なれば点もボカスカ入るわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  10. 10

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

もっと見る