過密日程に台風シーズン重なり…首位楽天は9月が修羅場

公開日:

 8日、台風の影響で中止になった楽天―日本ハム戦。楽天の本拠地であるKoboパーク宮城は屋外球場のため、早々に中止が決まった。

 首位の楽天は現在、故障者が続出。守護神の松井裕を筆頭に、ペゲーロ、岡島、三好らが離脱している。ペナント終盤に向けて「いい休息になる」という考え方もできるだろうが、こと楽天に限っては事情が異なる。8日現在まで、消化したのは92試合。これは12球団で最も少ない。主な原因は屋外球場の宿命、雨だ。今季はこれまで4試合が雨天中止。それらは追加日程として、9月以降に組み込まれる。すでに10月に2試合、9月に1試合が追加された。

 つまり、楽天は9月以降こそが、本当の修羅場だ。9月に試合がない日はわずか7日。ソフトバンクは同10日、西武も9日。上位3球団中、楽天の負担が最も大きい。

 今カード以降も、雨の不安は減るどころか増すばかり。8月は12試合、9月は13試合が屋外球場だ。8、9月は台風のシーズン。楽天は9月から10月にかけて、怒涛の8連戦が待っている。雨天中止がさらに増え、追加日程として後ろに回されれば、それこそ地獄絵図。野手、投手ともにその疲労は計り知れない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

もっと見る