過密日程に台風シーズン重なり…首位楽天は9月が修羅場

公開日:

 8日、台風の影響で中止になった楽天―日本ハム戦。楽天の本拠地であるKoboパーク宮城は屋外球場のため、早々に中止が決まった。

 首位の楽天は現在、故障者が続出。守護神の松井裕を筆頭に、ペゲーロ、岡島、三好らが離脱している。ペナント終盤に向けて「いい休息になる」という考え方もできるだろうが、こと楽天に限っては事情が異なる。8日現在まで、消化したのは92試合。これは12球団で最も少ない。主な原因は屋外球場の宿命、雨だ。今季はこれまで4試合が雨天中止。それらは追加日程として、9月以降に組み込まれる。すでに10月に2試合、9月に1試合が追加された。

 つまり、楽天は9月以降こそが、本当の修羅場だ。9月に試合がない日はわずか7日。ソフトバンクは同10日、西武も9日。上位3球団中、楽天の負担が最も大きい。

 今カード以降も、雨の不安は減るどころか増すばかり。8月は12試合、9月は13試合が屋外球場だ。8、9月は台風のシーズン。楽天は9月から10月にかけて、怒涛の8連戦が待っている。雨天中止がさらに増え、追加日程として後ろに回されれば、それこそ地獄絵図。野手、投手ともにその疲労は計り知れない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る