獲得へ大攻勢も…ハム大谷のドジャース入りが遠のく理由

公開日:

 3試合で10打数7安打4打点。週末の札幌ドームで打ちまくった大谷翔平(23=日本ハム)の一挙手一投足を、ネット裏から大挙して見守ったのがドジャースだ。

 編成部門トップのフリードマン取締役編成本部長以下、ゲレン・カー編成部長、ジョン・ディーブル環太平洋スカウト部長、OBで球団専属の解説者である通算204勝のハーシュハイザーら総勢8人が札幌に乗り込んだのだ。

 この3連戦はアストロズ、レンジャーズ、パイレーツのスカウトも訪れたが、「中でもひときわ目を引いたのがドジャースでした」と、さる放送関係者がこう続ける。

「フリードマン、ハーシュハイザー、ゲレン・カーらは日本ハムのレアード、ディーブル、球団のスペイン語の通訳と何やらじっくりと話し込んでいました。おそらく、大谷に関する情報を聞き出していたのでしょう。しかも、彼ら8人は連日、グラウンドレベルに下りてきて、わざわざ大谷の目に留まりそうな位置に陣取っていましたからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  9. 9

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  10. 10

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

もっと見る