獲得へ大攻勢も…ハム大谷のドジャース入りが遠のく理由

公開日:

 3試合で10打数7安打4打点。週末の札幌ドームで打ちまくった大谷翔平(23=日本ハム)の一挙手一投足を、ネット裏から大挙して見守ったのがドジャースだ。

 編成部門トップのフリードマン取締役編成本部長以下、ゲレン・カー編成部長、ジョン・ディーブル環太平洋スカウト部長、OBで球団専属の解説者である通算204勝のハーシュハイザーら総勢8人が札幌に乗り込んだのだ。

 この3連戦はアストロズ、レンジャーズ、パイレーツのスカウトも訪れたが、「中でもひときわ目を引いたのがドジャースでした」と、さる放送関係者がこう続ける。

「フリードマン、ハーシュハイザー、ゲレン・カーらは日本ハムのレアード、ディーブル、球団のスペイン語の通訳と何やらじっくりと話し込んでいました。おそらく、大谷に関する情報を聞き出していたのでしょう。しかも、彼ら8人は連日、グラウンドレベルに下りてきて、わざわざ大谷の目に留まりそうな位置に陣取っていましたからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  2. 2

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る