• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

獲得へ大攻勢も…ハム大谷のドジャース入りが遠のく理由

 3試合で10打数7安打4打点。週末の札幌ドームで打ちまくった大谷翔平(23=日本ハム)の一挙手一投足を、ネット裏から大挙して見守ったのがドジャースだ。

 編成部門トップのフリードマン取締役編成本部長以下、ゲレン・カー編成部長、ジョン・ディーブル環太平洋スカウト部長、OBで球団専属の解説者である通算204勝のハーシュハイザーら総勢8人が札幌に乗り込んだのだ。

 この3連戦はアストロズ、レンジャーズ、パイレーツのスカウトも訪れたが、「中でもひときわ目を引いたのがドジャースでした」と、さる放送関係者がこう続ける。

「フリードマン、ハーシュハイザー、ゲレン・カーらは日本ハムのレアード、ディーブル、球団のスペイン語の通訳と何やらじっくりと話し込んでいました。おそらく、大谷に関する情報を聞き出していたのでしょう。しかも、彼ら8人は連日、グラウンドレベルに下りてきて、わざわざ大谷の目に留まりそうな位置に陣取っていましたからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  5. 5

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  6. 6

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

  7. 7

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  8. 8

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    年内にもソウル訪問 金正恩が納得する“警護”間に合うのか

もっと見る