女子金メダリストが告白 米国体操界セクハラ衝撃の内容

公開日:

 選手へのセクハラが大騒動に発展した米国体操界。ナショナルチームの、元ドクターのラリー・ナサールから性的嫌がらせの被害を受けたと100人を超える選手が訴えている。

 そんな中、金メダリストが実名でセクハラの具体的内容を告白した。

 2012年ロンドン五輪団体総合の優勝メンバーのひとりであるマッケイラ・マロニー(21)。自身のツイッターで明かしたところによれば、ドクターのセクハラが始まったのは、ジュニアのナショナルチーム入りした13歳から。以降、「治療」と称するセクハラは引退するまで続いたという。

 マロニーが「本当に怖かった」と振り返ったのは団体、跳馬と2個の金メダルを獲得した11年世界選手権(東京)でのこと。東京に向かう機中でドクターから渡された睡眠薬を服用すると、「気付いた時には東京のホテルでドクターと2人でおり、『治療』を施されました。その夜は死にたいと思いました」とつづっている。

 複数の米メディアによれば、加害者であるナサールは現在、20件を超える性犯罪の罪に問われており、マロニーの告白は判決に何らかの影響を及ぼすとしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る