女子金メダリストが告白 米国体操界セクハラ衝撃の内容

公開日: 更新日:

 選手へのセクハラが大騒動に発展した米国体操界。ナショナルチームの、元ドクターのラリー・ナサールから性的嫌がらせの被害を受けたと100人を超える選手が訴えている。

 そんな中、金メダリストが実名でセクハラの具体的内容を告白した。

 2012年ロンドン五輪団体総合の優勝メンバーのひとりであるマッケイラ・マロニー(21)。自身のツイッターで明かしたところによれば、ドクターのセクハラが始まったのは、ジュニアのナショナルチーム入りした13歳から。以降、「治療」と称するセクハラは引退するまで続いたという。

 マロニーが「本当に怖かった」と振り返ったのは団体、跳馬と2個の金メダルを獲得した11年世界選手権(東京)でのこと。東京に向かう機中でドクターから渡された睡眠薬を服用すると、「気付いた時には東京のホテルでドクターと2人でおり、『治療』を施されました。その夜は死にたいと思いました」とつづっている。

 複数の米メディアによれば、加害者であるナサールは現在、20件を超える性犯罪の罪に問われており、マロニーの告白は判決に何らかの影響を及ぼすとしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  2. 2

    2横綱1大関に続き朝乃山も撃破 好調遠藤を支える謎の新妻

  3. 3

    仮出所した中江滋樹を高級車で迎えた意外な人物とは?

  4. 4

    芸能界ケンカ最強候補だった渡瀬恒彦は女に手を出すのも…

  5. 5

    小泉進次郎氏「育休」に批判殺到 “不倫隠し”が完全に裏目

  6. 6

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  7. 7

    3年近い拘置所生活 つかの間の保釈期間は女と遊びまくった

  8. 8

    仮出所後に注目を集めた「ヤハギ」株買い占め騒動の真相

  9. 9

    撃墜されたウクライナ機はアメリカ軍用機の盾にされた?

  10. 10

    手を出す? 俺にとって麗子はストライクゾーンに入らない

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る