女子金メダリストが告白 米国体操界セクハラ衝撃の内容

公開日: 更新日:

 選手へのセクハラが大騒動に発展した米国体操界。ナショナルチームの、元ドクターのラリー・ナサールから性的嫌がらせの被害を受けたと100人を超える選手が訴えている。

 そんな中、金メダリストが実名でセクハラの具体的内容を告白した。

 2012年ロンドン五輪団体総合の優勝メンバーのひとりであるマッケイラ・マロニー(21)。自身のツイッターで明かしたところによれば、ドクターのセクハラが始まったのは、ジュニアのナショナルチーム入りした13歳から。以降、「治療」と称するセクハラは引退するまで続いたという。

 マロニーが「本当に怖かった」と振り返ったのは団体、跳馬と2個の金メダルを獲得した11年世界選手権(東京)でのこと。東京に向かう機中でドクターから渡された睡眠薬を服用すると、「気付いた時には東京のホテルでドクターと2人でおり、『治療』を施されました。その夜は死にたいと思いました」とつづっている。

 複数の米メディアによれば、加害者であるナサールは現在、20件を超える性犯罪の罪に問われており、マロニーの告白は判決に何らかの影響を及ぼすとしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  5. 5

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

  6. 6

    コロナ患者退院後12.3%死亡の衝撃 回復しても3割が再入院

  7. 7

    ジュニア「22歳定年制」導入 “ポスト木村拓哉”だったT君は

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    松本潤「どうする家康」でNHKが狙う“ALLジャニーズ時代劇”

もっと見る