レスリング栄和人氏 女子柔道陣のホテル泊に“ダメ出し”

公開日: 更新日:

 日本のお家芸が異例のコラボである。

 女子のレスリング、柔道の日本代表が昨10日、都内で両競技から約50人の強化指定選手が参加して合同練習を行った。

 この日はレスリングの練習形式で進められ、レスリング53キロ級の吉田沙保里(34=銀)、柔道48キロ級の近藤亜美(21=銅)のリオ五輪メダリスト同士がスパーリングを行うなど約2時間半、汗を流した。

 今回の合同練習は柔道側からの申し入れで実現したもの。増地克之女子柔道代表監督は3日間の合同練習で「終盤に逆転勝ちするレスリングの精神的な強さを学ばせたい」と狙いを明かした。

 リオで4階級を制覇したレスリングに対して、柔道の金メダルは70キロ級の田知本遥のみ。期待された近藤や57キロ級の松本薫らは銅に終わった。女子柔道が20年東京五輪でメダルを量産するにはメンタル面の強化が課題というわけだが、これにレスリング栄和人強化本部長がさっそくダメ出し。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  2. 2

    安倍首相が墓穴 桜を見る会夕食会弁明で法律違反を正当化

  3. 3

    出所の高山若頭が人事で動き回り「山口組3派」は荒れ模様

  4. 4

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  7. 7

    G山口ポスティング決定も評価辛口 年俸1000万円の可能性も

  8. 8

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  9. 9

    根強く残る人種差別 W杯優勝の南アフリカ代表“美談”の裏側

  10. 10

    ラグビー日本代表 2023年W杯への若手育成阻む「2つの壁」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る