レスリング栄和人氏 女子柔道陣のホテル泊に“ダメ出し”

公開日:  更新日:

 日本のお家芸が異例のコラボである。

 女子のレスリング、柔道の日本代表が昨10日、都内で両競技から約50人の強化指定選手が参加して合同練習を行った。

 この日はレスリングの練習形式で進められ、レスリング53キロ級の吉田沙保里(34=銀)、柔道48キロ級の近藤亜美(21=銅)のリオ五輪メダリスト同士がスパーリングを行うなど約2時間半、汗を流した。

 今回の合同練習は柔道側からの申し入れで実現したもの。増地克之女子柔道代表監督は3日間の合同練習で「終盤に逆転勝ちするレスリングの精神的な強さを学ばせたい」と狙いを明かした。

 リオで4階級を制覇したレスリングに対して、柔道の金メダルは70キロ級の田知本遥のみ。期待された近藤や57キロ級の松本薫らは銅に終わった。女子柔道が20年東京五輪でメダルを量産するにはメンタル面の強化が課題というわけだが、これにレスリング栄和人強化本部長がさっそくダメ出し。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る