• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

レスリング栄和人氏 女子柔道陣のホテル泊に“ダメ出し”

 日本のお家芸が異例のコラボである。

 女子のレスリング、柔道の日本代表が昨10日、都内で両競技から約50人の強化指定選手が参加して合同練習を行った。

 この日はレスリングの練習形式で進められ、レスリング53キロ級の吉田沙保里(34=銀)、柔道48キロ級の近藤亜美(21=銅)のリオ五輪メダリスト同士がスパーリングを行うなど約2時間半、汗を流した。

 今回の合同練習は柔道側からの申し入れで実現したもの。増地克之女子柔道代表監督は3日間の合同練習で「終盤に逆転勝ちするレスリングの精神的な強さを学ばせたい」と狙いを明かした。

 リオで4階級を制覇したレスリングに対して、柔道の金メダルは70キロ級の田知本遥のみ。期待された近藤や57キロ級の松本薫らは銅に終わった。女子柔道が20年東京五輪でメダルを量産するにはメンタル面の強化が課題というわけだが、これにレスリング栄和人強化本部長がさっそくダメ出し。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  3. 3

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  4. 4

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  5. 5

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  6. 6

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  7. 7

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

  8. 8

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  9. 9

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  10. 10

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

もっと見る