日馬富士事件に朝青龍、旭鷲山も参戦 日蒙関係悪化懸念も

公開日: 更新日:

 大相撲の横綱日馬富士による暴行事件の発覚以来、“貴のカーテン”の向こうに雲隠れしている被害者の貴ノ岩だが、その証言の一端がようやく漏れてきた。

 今回の騒動で急きょ来日した元モンゴル人力士の元小結旭鷲山が23日更新したフェイスブックによると、旭鷲山はこの日、貴ノ岩と電話で会話した。

 貴ノ岩は「日馬富士が説教している最中にスマホをいじったとされているが、違う。みんなで話しているときに日馬富士がいきなり殴ってきた」「灰皿やカラオケのリモコンで40~50発殴られた」「部屋に戻ったら頭が痛くなり、片方の耳が聞こえなくなり、今も聞こえにくい」「事件の翌日、病院に行って頭の傷を縫った」などと話したという。

 また、モンゴルの大統領特使を務める元横綱朝青龍がバトトルガ大統領に今回の事件を報告。大統領も日蒙友好にヒビが入ることを懸念しているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    工藤静香はいい迷惑?渡辺美奈代に絶賛コメント急増のウラ

  3. 3

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  4. 4

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  5. 5

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  6. 6

    「山崎55年」は300万円 ウイスキー資産価値が高騰の可能性

  7. 7

    黒川氏「訓告」は官邸意向 退職金6700万円は“口止め料”か

  8. 8

    安倍官邸が移行急ぐ「9月入学」レガシーづくりの悪あがき

  9. 9

    検察は結局、黒川氏のスキャンダルを利用して独立を守った

  10. 10

    阪神藤浪に復活の予感 “自虐メール”にメンタル成長の片鱗

もっと見る