日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

西武4位・平良海馬はドンブリ山盛りの卵かけご飯がおやつ

 沖縄の南西、八重山諸島に属する石垣島。この海と空に囲まれた島で、平良海馬(投手・18歳・八重山商工)は生まれ、育った。

 父の克次さん(47)は息子について、こう話す。

「暴れん坊というかヤンチャというか……。まあ、元気な子でしたよ。子供の頃から泣かない子でした。外で遊んでケガをして帰ってきても、泣いた姿は一度も見たことがありません。海馬は3人兄弟の長男。弟の面倒見は良かったですよ」

 173センチ、84キロのマメタンク体形ながら、投げればMAX154キロ、打てば高校通算本塁打20本以上。投打双方をこなす器用さを持つ。投手としてのフィールディング能力にも優れており、視察したスカウト陣も口々に「センスがある」と話していたほどだ。

 石垣島は野球が盛んな土地。平良が小学校1年のときに「野球がやりたい」と父に言ったのも、自然な成り行きだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事