楽天ドラ2岩見は一般入試で2校の合格蹴って予備校通い

公開日: 更新日:

 滋賀県大津市。日本最大の湖として知られる琵琶湖からほど近い場所で、楽天ドラフト2位の岩見雅紀(23・慶大)は育った。琵琶湖のように大きな体は、学生時代にバレーボール部に所属していた父の長司さん(59)譲り。長女で姉の彩生さんも父と同じバレーボールを始め、今は岩見の母校でもある比叡山高校で保健体育科教諭として教壇に立ちながら、女子バレーボール部の顧問を務めている。

 3700グラムで岩見家の長男として生まれたが、幼少期は牛乳アレルギー。母の知恵さん(53)は小魚など、乳製品以外でカルシウムを補った。比叡山中学野球部の奥村嘉朗監督はこう話す。

「小学校6年生のとき、うちの野球部を見に来ていたときは頭ひとつ抜けていたし、ずばぬけてがっしりしていた。当時から『プロに行きたい』と言っていたけど、いつも本番に弱かった。チャンスで打ちよったのは見たことないんじゃないか(笑い)。精神面が少し甘い部分があって、『おまえがしっかりしないでどうするんだ』『チームの中心はおまえやぞ』と厳しいことを言った記憶があります。ゴツイ体なのに、気持ちが優しすぎる子でした。中学を卒業するとき、僕が汚い字で『夢の続き』と書いた色紙を今もまだ飾ってくれているのを知ったときは本当にうれしかった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  4. 4

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  5. 5

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  6. 6

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  7. 7

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  8. 8

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  9. 9

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  10. 10

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

もっと見る