DeNAドラ1の東克樹 バスケ選手だった父譲りの“負けん気”

公開日:

 東克樹(投手・21歳・立命大)が東家の長男として生まれた四日市市は、三重県の北部に位置する中京工業地帯を代表する工業都市だ。父・直史さん(49)は主に自動車の内装材を製造する工場に勤務している。

「事務の仕事をする普通のサラリーマンです。克樹が野球をやっていることで、自分の趣味を我慢したということはないですね。ゴルフだってたまにはやりますよ。スコアですか? 100前後ですね」(直史さん)

 母の由紀さん(49)は看護師として医療の仕事に従事。

「食事についてはかなり勉強したようです。克樹が(大学の)リーグ戦が終わって合宿所から帰ってくると、回転寿司を食べに行くことがある。筋肉にいいからとサーモンばかり10皿ぐらい食べさせていました」(直史さん)

 直史さんが建てた東家の自宅は敷地88坪、建坪50坪の2階建て。間取りは7LDK。克樹が子供の頃は庭にネットを張り、ティー打撃をやっていたという。直史さんはこの家で両親とともに2世帯で暮らしている。克樹の祖父も若い頃は白球を追い、現在は名古屋の大学に通う弟も高校時代までは野球をやっていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  6. 6

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    奇妙な縁が結んだ梅宮辰夫とロバート秋山の幸福な関係

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る