• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

再建中マーリンズ イチローの“弟分”オズナ&ゴードン放出

 今オフ、主力選手のトレードでチーム再建に動いているマーリンズ。

 すでに今季の本塁打王(59本)ジャンカルロ・スタントン外野手(28)、盗塁王ディー・ゴードン内野手(29)をそれぞれ、ヤンキース、マリナーズに放出。さらに、今季チームトップの3割1分2厘をマークしたマーセル・オズナ外野手(27)は、カージナルスとの間でトレードが成立したという。チーム公式サイトなど複数の米メディアが13日に伝えている。

 オズナ、ゴードンとも、今季終了後に再契約を見送られたイチロー(44)を慕っており、ベテラン外野手の弟分のような存在だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事