• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
田口光久
著者のコラム一覧
田口光久サッカー解説者

1955年2月14日生まれ。秋田県出身。秋田商高から三菱(現浦和)入り。76年に日本代表入りを果たし、日本代表Aマッチ59試合に出場。B、Cマッチを含めると161試合で代表守護神として活躍した。現役を引退する84年まで代表主将を務め、引退後は秋田経法大付属高、青森山田高、遊学館高、国際学院高サッカー部監督を歴任した。

王者レアル大苦戦の試合には“サッカーの奇跡”がぎっしり

ゴールを決めた千両役者2人(左がベイル。右がC・ロナウド)/(C)AP

 サッカーの魅力が目いっぱい詰め込まれた試合だった。UAEで開催中のクラブW杯準決勝のアルジャジーラ(開催国出場枠)とレアル・マドリード(欧州王者)との一戦である(日本時間14日午前2時キックオフ)。

 誰もがレアルの圧勝を予想した。ところが“サッカ…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事