先発6人制検討も 大谷の二刀流阻むエンゼルス監督の変節

公開日: 更新日:

 エンゼルス・大谷翔平が、指揮官からあらためてバックアップを確約された。

 マイク・ソーシア監督は24日(日本時間25日)、今季の先発ローテーションについて6人制を採用すると明言。大谷の二刀流実現に向けて、休養日を増やすためで、指揮官は球団公式サイトの取材に「キャンプまで(決断は)待つが、おそらく進むべき道だと思っている」と話した。

 エンゼルスでは昨年12月に大谷と契約してから、先発6人制を検討。昨季は先発投手に故障者が続出しただけに、2月のキャンプ、オープン戦ではマイナーの若手を試すなど、6人制に向けて準備を進めている。ソーシア監督は「真剣に考えなければならない時期に来ている」と話したこともあるが、そもそも6人制の導入には反対の立場を取ってきた。

 15年のシーズン途中には、ソーシア監督との確執から、ジェリー・ディポト前GMが辞任。当時の地元メディアの報道によれば、データの活用法をめぐる両者の意見の食い違いが原因だったとされるが、前GMが先発6人制の導入を強硬に主張して指揮官に疎まれたともいわれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  6. 6

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  7. 7

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る