先発6人制検討も 大谷の二刀流阻むエンゼルス監督の変節

公開日: 更新日:

 エンゼルス・大谷翔平が、指揮官からあらためてバックアップを確約された。

 マイク・ソーシア監督は24日(日本時間25日)、今季の先発ローテーションについて6人制を採用すると明言。大谷の二刀流実現に向けて、休養日を増やすためで、指揮官は球団公式サイトの取材に「キャンプまで(決断は)待つが、おそらく進むべき道だと思っている」と話した。

 エンゼルスでは昨年12月に大谷と契約してから、先発6人制を検討。昨季は先発投手に故障者が続出しただけに、2月のキャンプ、オープン戦ではマイナーの若手を試すなど、6人制に向けて準備を進めている。ソーシア監督は「真剣に考えなければならない時期に来ている」と話したこともあるが、そもそも6人制の導入には反対の立場を取ってきた。

 15年のシーズン途中には、ソーシア監督との確執から、ジェリー・ディポト前GMが辞任。当時の地元メディアの報道によれば、データの活用法をめぐる両者の意見の食い違いが原因だったとされるが、前GMが先発6人制の導入を強硬に主張して指揮官に疎まれたともいわれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  2. 2

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  3. 3

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  4. 4

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  5. 5

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  6. 6

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  7. 7

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  8. 8

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  9. 9

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  10. 10

    一部のファンとの紐帯も切れた暴力団・山口組のやりっ放し

もっと見る