• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日ハム斎藤佑にズバリ聞いた 清宮への助言と8年目の覚悟

 24日に行われた日本ハムの新人合同自主トレで清宮幸太郎(18=早実)が母校の先輩にあたる斎藤佑樹(29)と対面し、会話を交わした。2006年夏の甲子園の優勝投手で、早大を経て10年ドラフト1位で入団。自らも大フィーバーを経験した斎藤に、清宮のことや自身のことについて話を聞いた。

 ――清宮とはどんな話を?

「高校(早実)のときの話がメインでしたけど、(右手の親指を)ケガしたと聞いて、焦って無理してシーズンに支障が出るのはマズイと思ったので、『今のうちにしっかり治して、ゆっくり焦らずやれよ』と話しました。僕とは置かれている立場が違う。ルーキーで確実に2~3年はチャンスがあるわけですからね」

 ――新人だった7年前に大フィーバーを経験した。今以上のファンやマスコミが連日のように鎌ケ谷に詰めかけましたね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  3. 3

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  10. 10

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

もっと見る