日ハム斎藤佑にズバリ聞いた 清宮への助言と8年目の覚悟

公開日: 更新日:

 24日に行われた日本ハムの新人合同自主トレで清宮幸太郎(18=早実)が母校の先輩にあたる斎藤佑樹(29)と対面し、会話を交わした。2006年夏の甲子園の優勝投手で、早大を経て10年ドラフト1位で入団。自らも大フィーバーを経験した斎藤に、清宮のことや自身のことについて話を聞いた。

 ――清宮とはどんな話を?

「高校(早実)のときの話がメインでしたけど、(右手の親指を)ケガしたと聞いて、焦って無理してシーズンに支障が出るのはマズイと思ったので、『今のうちにしっかり治して、ゆっくり焦らずやれよ』と話しました。僕とは置かれている立場が違う。ルーキーで確実に2~3年はチャンスがあるわけですからね」

 ――新人だった7年前に大フィーバーを経験した。今以上のファンやマスコミが連日のように鎌ケ谷に詰めかけましたね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    老後資金は夫婦で1600万円…必要額2800万円に届かず不安

  4. 4

    西村まさ彦“円満離婚”は大ウソ…乳がん患う妻に強要の冷酷

  5. 5

    急なトイレのピンチ…少女を救った大学生2人に拍手喝采!

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  8. 7

    異臭の次は房総半島の揺れ…首都直下地震“接近”の状況証拠

  9. 8

    カギは山本太郎票 IOCが気がかりな東京都知事選の「数字」

  10. 9

    小池都知事“馬耳東風”…ネット討論会が映さなかった本性

  11. 10

    相次ぐ教師の陽性…小池知事は市中感染拡大も見て見ぬふり

もっと見る