日ハム斎藤佑にズバリ聞いた 清宮への助言と8年目の覚悟

公開日: 更新日:

 24日に行われた日本ハムの新人合同自主トレで清宮幸太郎(18=早実)が母校の先輩にあたる斎藤佑樹(29)と対面し、会話を交わした。2006年夏の甲子園の優勝投手で、早大を経て10年ドラフト1位で入団。自らも大フィーバーを経験した斎藤に、清宮のことや自身のことについて話を聞いた。

 ――清宮とはどんな話を?

「高校(早実)のときの話がメインでしたけど、(右手の親指を)ケガしたと聞いて、焦って無理してシーズンに支障が出るのはマズイと思ったので、『今のうちにしっかり治して、ゆっくり焦らずやれよ』と話しました。僕とは置かれている立場が違う。ルーキーで確実に2~3年はチャンスがあるわけですからね」

 ――新人だった7年前に大フィーバーを経験した。今以上のファンやマスコミが連日のように鎌ケ谷に詰めかけましたね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  6. 6

    会長の「終身雇用守れぬ」発言に隠された経団連の“本音”

  7. 7

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  8. 8

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  9. 9

    衆院沖縄3区補選 屋良朝博氏の勝利に敢えて水を差す

  10. 10

    先物が最高値 GW10連休を襲うガソリン髙と値上げラッシュ

もっと見る