• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

初日110球“特攻調整” 巨人・山口を他球団が警戒する理由

 初日、ブルペンでチーム最多の111球を投げたのは、トラブル男の山口俊(30)だった。

 気温4度前後。冷たい雨が降り続け、室内練習場でも吐く息が白くなる“極寒”の中、半袖アンダーシャツでマウンドに立つと、捕手の小林を座らせて変化球も交えた。

「真っすぐの精度を高め、力感のないフォームが目標」(山口俊)

 一軍合同自主トレ中の先月29日には投手陣最速で捕手を座らせた。かなりのハイペースだ。

 FA1年目の昨季は右肩痛で出遅れ、復帰後の7月には暴力事件が発覚。その後は謹慎生活を余儀なくされた。それでも首脳陣は今季の構想に入れた。斎藤投手総合コーチは「今年は山口俊が頑張るでしょう」とキーマンに指名。2月9日に予定される最初の紅白戦の登板も視野に入れているというから、まるで駆け出しの若手である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  9. 9

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  10. 10

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

もっと見る