初日110球“特攻調整” 巨人・山口を他球団が警戒する理由

公開日:

 初日、ブルペンでチーム最多の111球を投げたのは、トラブル男の山口俊(30)だった。

 気温4度前後。冷たい雨が降り続け、室内練習場でも吐く息が白くなる“極寒”の中、半袖アンダーシャツでマウンドに立つと、捕手の小林を座らせて変化球も交えた。

「真っすぐの精度を高め、力感のないフォームが目標」(山口俊)

 一軍合同自主トレ中の先月29日には投手陣最速で捕手を座らせた。かなりのハイペースだ。

 FA1年目の昨季は右肩痛で出遅れ、復帰後の7月には暴力事件が発覚。その後は謹慎生活を余儀なくされた。それでも首脳陣は今季の構想に入れた。斎藤投手総合コーチは「今年は山口俊が頑張るでしょう」とキーマンに指名。2月9日に予定される最初の紅白戦の登板も視野に入れているというから、まるで駆け出しの若手である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  9. 9

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  10. 10

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

もっと見る