初日110球“特攻調整” 巨人・山口を他球団が警戒する理由

公開日: 更新日:

 初日、ブルペンでチーム最多の111球を投げたのは、トラブル男の山口俊(30)だった。

 気温4度前後。冷たい雨が降り続け、室内練習場でも吐く息が白くなる“極寒”の中、半袖アンダーシャツでマウンドに立つと、捕手の小林を座らせて変化球も交えた。

「真っすぐの精度を高め、力感のないフォームが目標」(山口俊)

 一軍合同自主トレ中の先月29日には投手陣最速で捕手を座らせた。かなりのハイペースだ。

 FA1年目の昨季は右肩痛で出遅れ、復帰後の7月には暴力事件が発覚。その後は謹慎生活を余儀なくされた。それでも首脳陣は今季の構想に入れた。斎藤投手総合コーチは「今年は山口俊が頑張るでしょう」とキーマンに指名。2月9日に予定される最初の紅白戦の登板も視野に入れているというから、まるで駆け出しの若手である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  3. 3

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  4. 4

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  5. 5

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

  6. 6

    爆笑田中が深夜の救急搬送 コロナ→脳梗塞でダウンの波紋

  7. 7

    “志村組”近藤春菜の「スッキリ」降板はいずれにせよ正解!

  8. 8

    バカな大将、敵より怖い…政府は“壊れた蛇口”で破産国家に

  9. 9

    施政方針演説に疑問…コロナ収束より東京五輪開催が本音?

  10. 10

    コロナ禍で失業「食料品を1年間買わないことにしました」

もっと見る