初日110球“特攻調整” 巨人・山口を他球団が警戒する理由

公開日: 更新日:

 初日、ブルペンでチーム最多の111球を投げたのは、トラブル男の山口俊(30)だった。

 気温4度前後。冷たい雨が降り続け、室内練習場でも吐く息が白くなる“極寒”の中、半袖アンダーシャツでマウンドに立つと、捕手の小林を座らせて変化球も交えた。

「真っすぐの精度を高め、力感のないフォームが目標」(山口俊)

 一軍合同自主トレ中の先月29日には投手陣最速で捕手を座らせた。かなりのハイペースだ。

 FA1年目の昨季は右肩痛で出遅れ、復帰後の7月には暴力事件が発覚。その後は謹慎生活を余儀なくされた。それでも首脳陣は今季の構想に入れた。斎藤投手総合コーチは「今年は山口俊が頑張るでしょう」とキーマンに指名。2月9日に予定される最初の紅白戦の登板も視野に入れているというから、まるで駆け出しの若手である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河野太郎は防衛相の横滑りに「格下げだ」と難色示し抵抗

  2. 2

    安倍首相も大誤算 進次郎の人気凋落「次の総理」調査9P減

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  5. 5

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  6. 6

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  7. 7

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

  8. 8

    小泉進次郎は実績ゼロの焦りから安倍首相の軍門に入り入閣

  9. 9

    人気番組で立て続けに発覚…TBS“やらせ”横行の深刻事情

  10. 10

    未婚世帯vs既婚世帯 生涯年金額「3900万円」の開きがある

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る