メジャー通が解説 平野&牧田はOKで涌井が移籍断念の理由

公開日:

 海外FA権を行使したロッテの涌井秀章(31)が米大リーグへの挑戦を断念した。メジャー契約を結べなかったからだといわれる。

 一方、オリックスの平野佳寿(33)はダイヤモンドバックスと出来高込みの2年総額600万ドル(約6億6000万円)で契約。ポスティングシステムで海を渡った西武の牧田和久(33)はパドレスと年俸190万ドル(約2億1000万円)で2年契約を結んだ。いずれもメジャー契約だ。

 涌井は昨季、25試合登板で5勝11敗、防御率3.99。パッとしなかったとはいえ、最多勝3回と実績はある。年上の平野や牧田が「OK」で、年下の涌井はなぜ「NG」だったのか。スポーツライターの友成那智氏はこう言う。

「FA市場は先発3、4番手にもまだ買い手がつかない状況です。そこへいくと、中継ぎ重視の傾向からリリーフの枠は埋まるのが早く、FA市場で残っているめぼしい投手は1~2人。各チームともブルペンから固めているのです。涌井も西武時代、抑えやロングリリーフの経験がありますが、最終的には先発とメジャーへのこだわりがネックになったのかもしれません。先発5、6番手であれば100万~150万ドル程度が妥当ですが、それ以上を求めたか。マイナーなら契約できたかもしれませんが、そこは譲れなかったのでは」

 涌井の昨季年俸は2億5000万円。給料が大幅にダウンしたり、マイナーから這い上がったりするだけの覚悟はなかったということか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る