メジャー通が解説 平野&牧田はOKで涌井が移籍断念の理由

公開日: 更新日:

 海外FA権を行使したロッテ涌井秀章(31)が米大リーグへの挑戦を断念した。メジャー契約を結べなかったからだといわれる。

 一方、オリックスの平野佳寿(33)はダイヤモンドバックスと出来高込みの2年総額600万ドル(約6億6000万円)で契約。ポスティングシステムで海を渡った西武牧田和久(33)はパドレスと年俸190万ドル(約2億1000万円)で2年契約を結んだ。いずれもメジャー契約だ。

 涌井は昨季、25試合登板で5勝11敗、防御率3.99。パッとしなかったとはいえ、最多勝3回と実績はある。年上の平野や牧田が「OK」で、年下の涌井はなぜ「NG」だったのか。スポーツライターの友成那智氏はこう言う。

「FA市場は先発3、4番手にもまだ買い手がつかない状況です。そこへいくと、中継ぎ重視の傾向からリリーフの枠は埋まるのが早く、FA市場で残っているめぼしい投手は1~2人。各チームともブルペンから固めているのです。涌井も西武時代、抑えやロングリリーフの経験がありますが、最終的には先発とメジャーへのこだわりがネックになったのかもしれません。先発5、6番手であれば100万~150万ドル程度が妥当ですが、それ以上を求めたか。マイナーなら契約できたかもしれませんが、そこは譲れなかったのでは」

 涌井の昨季年俸は2億5000万円。給料が大幅にダウンしたり、マイナーから這い上がったりするだけの覚悟はなかったということか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  3. 3

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  6. 6

    五輪スタッフ、メディア関係者に「インチキ陰性判定」乱発か?検査スリ抜けこんなに簡単

  7. 7

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  8. 8

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  9. 9

    コカ・コーラ社以外は持ち込むな!五輪サッカー観戦で鹿嶋市の小中学生に要望したのは誰だ?

  10. 10

    アヤパンの“MC力”でテレ朝「サタデーステーション」上昇気流に!視聴率で「報ステ」抜く

もっと見る