暴力事件も3.6億円ゲット 現状維持のG山口俊に“甘い”の声

公開日: 更新日:

 巨人の山口俊(30)が6日、都内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、現状維持の2億3000万円でサインした。

 DeNAからFA移籍1年目の今季は右肩痛で出遅れた。4試合で1勝1敗、防御率6.43。期待とは程遠い成績に終わっただけでなく、7月には酒に酔って都内の病院で大立ち回り。傷害と器物破損の疑いで警視庁に書類送検される暴力トラブルを起こした。

 球団から今季終了時までの出場停止、1億円以上とみられる罰金、複数年契約を短縮される処分を受け、選手会側は「不当に重い」と巨人側に見直しを求めるなど、その後も騒動は続いている。

 この日、本人は来季の年俸額に関して「ご想像にお任せします」と口をつぐんだが、メディアは一様に、「8000万円だとされた今季年俸が2億3000万円だったもよう」と報道。FA入団時に「3年総額7億円」と報じられたことからも、この年俸額に大きな開きはないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  2. 2

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  3. 3

    官邸文書申し入れ問題 記者イジメなぜ内閣記者会ダンマリ

  4. 4

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  5. 5

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  6. 6

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  7. 7

    ゲレーロ濃厚も…巨人の“超大穴”左翼を他球団が密かに警戒

  8. 8

    乙武さんがハーフ美女と再婚へ 日刊ゲンダイもデート目撃

  9. 9

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  10. 10

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

もっと見る