暴力事件も3.6億円ゲット 現状維持のG山口俊に“甘い”の声

公開日:

 巨人の山口俊(30)が6日、都内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、現状維持の2億3000万円でサインした。

 DeNAからFA移籍1年目の今季は右肩痛で出遅れた。4試合で1勝1敗、防御率6.43。期待とは程遠い成績に終わっただけでなく、7月には酒に酔って都内の病院で大立ち回り。傷害と器物破損の疑いで警視庁に書類送検される暴力トラブルを起こした。

 球団から今季終了時までの出場停止、1億円以上とみられる罰金、複数年契約を短縮される処分を受け、選手会側は「不当に重い」と巨人側に見直しを求めるなど、その後も騒動は続いている。

 この日、本人は来季の年俸額に関して「ご想像にお任せします」と口をつぐんだが、メディアは一様に、「8000万円だとされた今季年俸が2億3000万円だったもよう」と報道。FA入団時に「3年総額7億円」と報じられたことからも、この年俸額に大きな開きはないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る