昨季は中日で主張…巨人はゲレーロの“有休申請”に要注意

公開日: 更新日:

 今季から巨人に加入するアレックス・ゲレーロ(31)が、28日に来日。都内のホテルで入団会見に臨んだ。

 中日時代の昨季は35発でセ・リーグの本塁打王を獲得した。新外国人投手のテイラー・ヤングマン(28)と行った会見では、「去年の経験を生かして今年は巨人のためにベストを尽くしたい。2年連続ホームラン王という言葉の響きはいいけど、まずは健康な体を維持して毎試合に出られれば結果はついてくる」と自信タップリ。同席した鹿取GMも「ホームランバッターで悪い流れを一振りで変えられる。中日の時より東京ドームの方が本塁打が出やすいと思う」とチームの貧打、長打力不足の救世主として期待を寄せた。高橋由伸監督は「4番」の有力候補に挙げている。

■チームに慣れてきた頃に…

 ただ、この助っ人の「優等生発言」をうのみにして信用していいものか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  2. 2

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  3. 3

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  4. 4

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  5. 5

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  6. 6

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  7. 7

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  8. 8

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  9. 9

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  10. 10

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

もっと見る