• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

2年ぶりゴジラ松井巨人臨時C 異例の熱血指導50分の理由

 ゴジラが2年ぶりに宮崎に上陸した。巨人キャンプ第2クール初日の6日、OBの松井秀喜(43)が臨時コーチとして宮崎春季キャンプに合流。過去2度の臨時コーチではあえて積極的な指導を控えていたが、今回は様相が違った。

 室内練習場のブルペンで畠に「去年は後半で6勝したんだって?」と声をかけると、全体練習後には、特打を行っていた昨季打率リーグ最下位の小林誠司(28)に歩み寄り、身ぶり手ぶりを交えて指導を始めたのだ。

 その後のティー打撃にも付きっきりで、「下半身の使い方」「軸足に体重を残す方法」を伝授。約50分の直接指導を終えた松井はこう説明した。

「打撃フォームで気になったところがあったので伝えた。彼が少しでも成績を伸ばせれば、それが巨人の得点につながる。お手伝いができれば」


 最初の指導がなぜ小林だったのかは「忘れた」とけむに巻いたものの、実はこれ、高橋由伸監督(42)の希望。現一軍メンバーでは「岡本、吉川尚、小林の3人をぜひ見て欲しい」と頼まれていたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る