2年ぶりゴジラ松井巨人臨時C 異例の熱血指導50分の理由

公開日: 更新日:

 ゴジラが2年ぶりに宮崎に上陸した。巨人キャンプ第2クール初日の6日、OBの松井秀喜(43)が臨時コーチとして宮崎春季キャンプに合流。過去2度の臨時コーチではあえて積極的な指導を控えていたが、今回は様相が違った。

 室内練習場のブルペンで畠に「去年は後半で6勝したんだって?」と声をかけると、全体練習後には、特打を行っていた昨季打率リーグ最下位の小林誠司(28)に歩み寄り、身ぶり手ぶりを交えて指導を始めたのだ。

 その後のティー打撃にも付きっきりで、「下半身の使い方」「軸足に体重を残す方法」を伝授。約50分の直接指導を終えた松井はこう説明した。

「打撃フォームで気になったところがあったので伝えた。彼が少しでも成績を伸ばせれば、それが巨人の得点につながる。お手伝いができれば」


 最初の指導がなぜ小林だったのかは「忘れた」とけむに巻いたものの、実はこれ、高橋由伸監督(42)の希望。現一軍メンバーでは「岡本、吉川尚、小林の3人をぜひ見て欲しい」と頼まれていたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  2. 2

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  3. 3

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  4. 4

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  5. 5

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

  6. 6

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  7. 7

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  8. 8

    和田アキ子戦々恐々…カンニング竹山が「ご意見番」下剋上

  9. 9

    最低12.0%で最高39.7% NHK大河ドラマの全話平均視聴率

  10. 10

    乙武さんがハーフ美女と再婚へ 日刊ゲンダイもデート目撃

もっと見る