2年ぶりゴジラ松井巨人臨時C 異例の熱血指導50分の理由

公開日:

 ゴジラが2年ぶりに宮崎に上陸した。巨人キャンプ第2クール初日の6日、OBの松井秀喜(43)が臨時コーチとして宮崎春季キャンプに合流。過去2度の臨時コーチではあえて積極的な指導を控えていたが、今回は様相が違った。

 室内練習場のブルペンで畠に「去年は後半で6勝したんだって?」と声をかけると、全体練習後には、特打を行っていた昨季打率リーグ最下位の小林誠司(28)に歩み寄り、身ぶり手ぶりを交えて指導を始めたのだ。

 その後のティー打撃にも付きっきりで、「下半身の使い方」「軸足に体重を残す方法」を伝授。約50分の直接指導を終えた松井はこう説明した。

「打撃フォームで気になったところがあったので伝えた。彼が少しでも成績を伸ばせれば、それが巨人の得点につながる。お手伝いができれば」


 最初の指導がなぜ小林だったのかは「忘れた」とけむに巻いたものの、実はこれ、高橋由伸監督(42)の希望。現一軍メンバーでは「岡本、吉川尚、小林の3人をぜひ見て欲しい」と頼まれていたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る