ゲレーロ援護だけじゃない 巨人マギーに“もう一つの仕事”

公開日:

 巨人のケーシー・マギー(35)が29日、宮崎での一軍合同自主トレに合流した。 

 巨人2年目。前日28日に来日し、東京の自宅には寄らずにマシソンと一緒にそのまま宮崎に乗り込んでいた。外国人選手の合同自主トレ参加は珍しいが、マシソンは直訴して3年連続。マギーもこれに同調した格好で「ずっと去年一緒にいたチームメートと会いたかったのも理由のひとつ」と優等生ぶりをアピールした。

 昨季は打率2位の好成績。「5番・三塁」でスタートしたが、チーム事情で後半から「2番・二塁」に変更。ポジションまで変わったにもかかわらず、文句一つ言わずに慣れない役割で結果を出した。前GMは昨オフにマギーを獲得した際、「性格も重視した」と胸を張っていた。

「今季はチーム全体で『足』を使おうという方針がある。そうなると、1、2番には走れる選手を配置したいため、マギーは5番に入ることが濃厚。4番は新助っ人のゲレーロだが、巨人1年目で未知数。4番がコケたら『マギー頼んだぞ』という打順。ゲレーロが勝負弱いだけに、プレッシャーがかかる5番が、より重要になります」(チーム関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る