• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ゲレーロ援護だけじゃない 巨人マギーに“もう一つの仕事”

 巨人のケーシー・マギー(35)が29日、宮崎での一軍合同自主トレに合流した。 

 巨人2年目。前日28日に来日し、東京の自宅には寄らずにマシソンと一緒にそのまま宮崎に乗り込んでいた。外国人選手の合同自主トレ参加は珍しいが、マシソンは直訴して3年連続。マギーもこれに同調した格好で「ずっと去年一緒にいたチームメートと会いたかったのも理由のひとつ」と優等生ぶりをアピールした。

 昨季は打率2位の好成績。「5番・三塁」でスタートしたが、チーム事情で後半から「2番・二塁」に変更。ポジションまで変わったにもかかわらず、文句一つ言わずに慣れない役割で結果を出した。前GMは昨オフにマギーを獲得した際、「性格も重視した」と胸を張っていた。

「今季はチーム全体で『足』を使おうという方針がある。そうなると、1、2番には走れる選手を配置したいため、マギーは5番に入ることが濃厚。4番は新助っ人のゲレーロだが、巨人1年目で未知数。4番がコケたら『マギー頼んだぞ』という打順。ゲレーロが勝負弱いだけに、プレッシャーがかかる5番が、より重要になります」(チーム関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    藤井氏“安倍内閣は酷すぎ”発言 なかなかいえない本当の話

  10. 10

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

もっと見る