ゲレーロ援護だけじゃない 巨人マギーに“もう一つの仕事”

公開日: 更新日:

 巨人のケーシー・マギー(35)が29日、宮崎での一軍合同自主トレに合流した。 

 巨人2年目。前日28日に来日し、東京の自宅には寄らずにマシソンと一緒にそのまま宮崎に乗り込んでいた。外国人選手の合同自主トレ参加は珍しいが、マシソンは直訴して3年連続。マギーもこれに同調した格好で「ずっと去年一緒にいたチームメートと会いたかったのも理由のひとつ」と優等生ぶりをアピールした。

 昨季は打率2位の好成績。「5番・三塁」でスタートしたが、チーム事情で後半から「2番・二塁」に変更。ポジションまで変わったにもかかわらず、文句一つ言わずに慣れない役割で結果を出した。前GMは昨オフにマギーを獲得した際、「性格も重視した」と胸を張っていた。

「今季はチーム全体で『足』を使おうという方針がある。そうなると、1、2番には走れる選手を配置したいため、マギーは5番に入ることが濃厚。4番は新助っ人のゲレーロだが、巨人1年目で未知数。4番がコケたら『マギー頼んだぞ』という打順。ゲレーロが勝負弱いだけに、プレッシャーがかかる5番が、より重要になります」(チーム関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  4. 4

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  5. 5

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  6. 6

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  9. 9

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  10. 10

    今季限り退任濃厚の楽天・平石監督と石井GMの本当の関係は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る