支配下復活目指す巨人高木京が激白「つらかったのは…」

公開日: 更新日:

 巨人高木京介(28)が2年ぶりの春季キャンプに挑んでいる。2016年3月に野球賭博への関与が発覚し、1年間の失格処分による謹慎を余儀なくされた。その間、心労とトレーニング不足で体重は10キロ以上も減った。昨年3月に育成選手として巨人と再契約。支配下選手復帰を目指し、二軍キャンプで汗を流す左腕を直撃した。

 ――昨季に比べると体調は良さそうに見える。

「一時期かなり痩せてしまいましたが、今は10キロ増えて、ほぼベストの88キロに戻っています。投球フォームも大学時代のイメージで、2段モーションに近いものに変えました。一軍で投げていた頃より進化して戻りたい」

 ――球威は戻った?

「以前は投げなかったスライダーやフォークに取り組んでいます。球威はよく分かりません。スピードでゴリゴリ抑えるタイプじゃないし、キレなどを重視しています。大事なのは打者を抑えること。目指すところは支配下を勝ち取って一軍で活躍することです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  4. 4

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  5. 5

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  6. 6

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  7. 7

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  8. 8

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  9. 9

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  10. 10

    9カ月遅延が横浜市長選に影響 菅政権の苦しいカジノ推進

もっと見る