緒方監督は期待も…広島・鈴木誠也「開幕も分からない」

公開日: 更新日:

 16日から沖縄2次キャンプがスタートする。注目は右足首骨折からの復帰を目指す鈴木誠也(23)だ。

 昨季は115試合に出場し、打率3割、26本塁打、90打点をマーク。4番打者としてチームをリーグ連覇に導いたが、8月23日のDeNA戦で、フェンス際の打球を好捕した際に右足首を骨折。戦線離脱を余儀なくされた。

 優勝の瞬間をグラウンドで迎えることができなかった悔しさは残る。

 宮崎・日南での1次キャンプの特打では、昨季12勝を挙げた岡田から本塁打を放つなど、順調な回復ぶりを見せている。緒方監督は今月中の実戦復帰を示唆。早ければ21日の見込みで「そうなれるように頑張ります」と言った。全てが順調に見えるが、一方で鈴木はこう吐露していた。

「右足首? 実はまだそこそこ痛いんです。今年の宮崎は思ったよりだいぶ寒かった。再発? というより、行ったり来たりで一進一退というか、まだ完治してないと言った方がいいかもしれません。開幕? 周囲は間に合うように見ているかもしれないけど、そこも分かんないっす。周りに流されて焦りたくないというのもある。目指すのは開幕じゃない。生意気かもしれないけど、仮に間に合わなくても、1年トータルでチームに貢献することが大事。昨年は最後に(骨折して)いなくなって、みんなにめちゃくちゃ迷惑をかけましたから」

 周囲の期待は大きい。「沖縄に行けば暖かくなるのでもう少し実戦の動きも増えてくる」と話しているが、流されず、焦らず、トータルで考えたいとは、緒方監督には頼もしい限りだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  2. 2

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  6. 6

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  7. 7

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  8. 8

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

もっと見る