緒方監督は期待も…広島・鈴木誠也「開幕も分からない」

公開日: 更新日:

 16日から沖縄2次キャンプがスタートする。注目は右足首骨折からの復帰を目指す鈴木誠也(23)だ。

 昨季は115試合に出場し、打率3割、26本塁打、90打点をマーク。4番打者としてチームをリーグ連覇に導いたが、8月23日のDeNA戦で、フェンス際の打球を好捕した際に右足首を骨折。戦線離脱を余儀なくされた。

 優勝の瞬間をグラウンドで迎えることができなかった悔しさは残る。

 宮崎・日南での1次キャンプの特打では、昨季12勝を挙げた岡田から本塁打を放つなど、順調な回復ぶりを見せている。緒方監督は今月中の実戦復帰を示唆。早ければ21日の見込みで「そうなれるように頑張ります」と言った。全てが順調に見えるが、一方で鈴木はこう吐露していた。

「右足首? 実はまだそこそこ痛いんです。今年の宮崎は思ったよりだいぶ寒かった。再発? というより、行ったり来たりで一進一退というか、まだ完治してないと言った方がいいかもしれません。開幕? 周囲は間に合うように見ているかもしれないけど、そこも分かんないっす。周りに流されて焦りたくないというのもある。目指すのは開幕じゃない。生意気かもしれないけど、仮に間に合わなくても、1年トータルでチームに貢献することが大事。昨年は最後に(骨折して)いなくなって、みんなにめちゃくちゃ迷惑をかけましたから」

 周囲の期待は大きい。「沖縄に行けば暖かくなるのでもう少し実戦の動きも増えてくる」と話しているが、流されず、焦らず、トータルで考えたいとは、緒方監督には頼もしい限りだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  4. 4

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  5. 5

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  6. 6

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  7. 7

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  8. 8

    特捜9vs捜査一課長 “お決まり”でも高視聴率の2作品を解剖

  9. 9

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  10. 10

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

もっと見る