新人王宣言の広島ドラ1捕手・中村に早くも外野転向プラン

公開日:

 広島の新入団選手発表が昨13日、広島市内のホテルで行われた。

 今夏の甲子園で1大会個人最多の6本塁打を放ったドラフト1位の中村奨成捕手(18=広陵)は「まずは新人王を取って、最終的にはトリプルスリーだったり、誰も成し遂げていないような記録を塗り替えたい。早くカープの看板選手になれるように頑張りたい」と力強く宣言した。

 捕手の守備でも鉄砲肩で聖地を沸かせた。だが、広島にはライバルがいる。10月に中村の1位を表明した際、松田オーナーはこう話しているのだ。

「(中村は)肩が強くてインサイドのさばきがうまい。坂倉と中村がいれば、この先15年間は捕手の心配をしなくていい。あれだけの能力を持った選手はなかなか出てくることはない」

 オーナーがここまで言う来季2年目の坂倉将吾(19)は期待の若手有望株だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  5. 5

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  6. 6

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る