エース野村が210球も…広島首脳は“6回病”克服に疑心暗鬼

公開日:  更新日:

 広島の野村祐輔(28)が昨13日、今キャンプ最多となる210球の投げ込みを行い、「気持ちよく投げられた」と満足そうに汗をぬぐった。

 見守った畝投手コーチも、「球が低めに来ていた。最後の方のボールの方がよかったね」とスタミナを評価。昨季は防御率2・78ながら、9勝5敗と勝ち星は伸びなかった。2年ぶりの2ケタ勝利を目指して精力的に調整しているものの、7年目を迎えたこの右のエース格には、首脳陣からの不満の声も聞かれる。

「1年目から先発ローテで投げてくれているとはいえ、監督はずいぶん気を使って起用しているんです。せめて、先発したら7イニングは安心して任せられるだけの体力と投球内容を見せて欲しいというのが、首脳陣の本音です」(関係者)

 134試合に先発して完投はたった3試合。6年間の1試合の平均投球回数は6回ちょっとで、野村の先発時にはリリーフ陣の負担が増す。16勝3敗でセの最多勝と最高勝率のタイトルを獲得した16年も、投球回数の少なさが問題視されて、沢村賞の獲得を逃した。

 昨年、25試合に先発した野村の投球回数は155回3分の1。同じ先発数の巨人・菅野のそれは187回3分の1だった。210球の投げ込みくらいじゃ、広島の首脳陣は物足りない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  4. 4

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  5. 5

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  6. 6

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  9. 9

    小規模・家族経営を潰す安倍政権の時代錯誤な“新自由主義”

  10. 10

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

もっと見る