エース野村が210球も…広島首脳は“6回病”克服に疑心暗鬼

公開日: 更新日:

 広島の野村祐輔(28)が昨13日、今キャンプ最多となる210球の投げ込みを行い、「気持ちよく投げられた」と満足そうに汗をぬぐった。

 見守った畝投手コーチも、「球が低めに来ていた。最後の方のボールの方がよかったね」とスタミナを評価。昨季は防御率2・78ながら、9勝5敗と勝ち星は伸びなかった。2年ぶりの2ケタ勝利を目指して精力的に調整しているものの、7年目を迎えたこの右のエース格には、首脳陣からの不満の声も聞かれる。

「1年目から先発ローテで投げてくれているとはいえ、監督はずいぶん気を使って起用しているんです。せめて、先発したら7イニングは安心して任せられるだけの体力と投球内容を見せて欲しいというのが、首脳陣の本音です」(関係者)

 134試合に先発して完投はたった3試合。6年間の1試合の平均投球回数は6回ちょっとで、野村の先発時にはリリーフ陣の負担が増す。16勝3敗でセの最多勝と最高勝率のタイトルを獲得した16年も、投球回数の少なさが問題視されて、沢村賞の獲得を逃した。

 昨年、25試合に先発した野村の投球回数は155回3分の1。同じ先発数の巨人・菅野のそれは187回3分の1だった。210球の投げ込みくらいじゃ、広島の首脳陣は物足りない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    障害者職員へ責任転嫁…桜名簿破棄の安倍答弁に批判殺到

  2. 2

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  3. 3

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  4. 4

    イチローにすげなく断られ「嵐」に国民栄誉賞を授与の動き

  5. 5

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  6. 6

    加計問題の“守護神”柳瀬氏 今度はJBICに悠々自適の天下り

  7. 7

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  8. 8

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  9. 9

    原監督が再び明言…来季こそ「岡本三塁」で辛抱できるか

  10. 10

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る