関脇・逸ノ城 “ウドの大木”と消極相撲返上で初日から4連勝

公開日:

 もう「ウドの大木」なんて言わせない。

 初日から負けなしの4連勝と波に乗っている関脇の逸ノ城(25)。16日の4日目は豊山を一蹴。幕内で最も重い225キロの巨体を生かし、前に前にと攻めて、難なく寄り切った。

 引き技で勝った前日は「悪い癖が出た」とバツが悪そうだったが、この日は積極果敢な相撲で場内の歓声を浴びた。

 この逸ノ城、かつては太りすぎに悩んでいた。新入幕の14年9月場所は199キロながら、俊敏な相撲で13勝2敗。しかし、その後は稽古嫌いと食べすぎがたたり、体重ばかりが増えて、「200キロを超えたら人間じゃない。馬ですよ」と、自虐していたほどだ。

 一念発起して減量に努めるも、成績は上向かず。ここ3年ほどは勝ったり負けたりを繰り返し、伸び悩んでいた。それが今年に入るや、1月は10勝、3月は9勝。見違えるように、相撲内容も良くなった。ある親方は「巨漢の利点にやっと気付いた」と、こう話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  4. 4

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  5. 5

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  8. 8

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  9. 9

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  10. 10

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

もっと見る