イングランドFWケーンは中堅クラブに忠誠誓う“300億円男”

公開日:  更新日:

 イングランドが日本時間4日、決勝トーナメント1回戦最後の試合に登場。コロンビアとのPK戦を4―3で制し、3大会ぶりのベスト8に進出した。

 0―0で迎えた後半12分、イングランドFWケーン(24=トットナム)が自ら倒されて得たPKを決めた。今大会単独トップの6点目。そのうちPKは3点目となった。

 前評判の低かったイングランドを8強に導いた立役者のケーンは、英プレミアリーグで2015―16シーズンから2季連続得点王。クラブと24年までの契約延長が発表されたばかりだが、争奪戦は激しかった。

 移籍マーケットによる市場価値は、ブラジルのFWネイマール(26=パリサンジェルマン)、イングランド代表でトットナムの同僚でもあるMFアリ(22)に次ぐ3位とされる。国内のマンチェスターU、マンチェスターC、チェルシーといったビッグクラブはもちろん、獲得に熱心だったのは、銀河系軍団のRマドリード(スペイン)だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  3. 3

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  4. 4

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  5. 5

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  6. 6

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

もっと見る