土壇場で決勝弾 イングランド主将ケーンは得点王争い候補

公開日: 更新日:

 頼れるストライカーの絶対条件が「沈滞ムードの中で決定的なゴールをズバッと決める」ことだとしたら、イングランド代表FWケーン(24=トットナム)は、100点満点のパーフェクトだ。 ロシアW杯1次リーグG組でイングランドはチュニジアと対戦(日本時間19日午前3時キックオフ)。前半11分、相手ゴール前の混戦からFWケーンが得点のにおいをきっちりとかぎ分け、絶妙のポジショニングから先制ゴールをねじ込んだ。

 35分、イングランドDFがペナルティーエリア内で相手選手をひじ打ちで倒し、献上したPKを決められて同点に追いつかれた。後半に入るとイングランドは攻めあぐんで20歳FWラッシュフォード(マンチェスターU)、22歳MFロフタスチーク(クリスタルパレス)ら若手攻撃陣を投入するが、1―1のスコアのままアディショナルタイムに突入。ここで頼れる点取り屋の出番だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  7. 7

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  8. 8

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  9. 9

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  10. 10

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

もっと見る