イニエスタが失意の代表引退表明…W杯後はJ1神戸に専念

公開日:

 スペインの至宝、イニエスタ(34=神戸)が代表引退を表明した。

「これが私にとって本当に最後の代表戦だ」

 圧倒的に攻めながら、格下のロシアに敗れた。ボール支配率はスペインの74%。シュート数も25対6と一方的だった。自慢のパスワークで終始、試合を支配しながらしかし、得点はオウンゴールによる1点のみ。時に10人が自陣に引くロシアの徹底した堅守の前に、代名詞のポゼッションサッカーが機能しない。結果的にただボールを回しているだけに終わったチームを、地元大手紙「マルカ」は“ポゼッションは地獄だった”と報じるほどだった。

 イニエスタは後半22分から途中出場。流れを変えられなかった。4度目のW杯にして、自らが牽引してきたポゼッションサッカーの限界を突きつけられ、代表からの引退を決意。寂しげな表情を浮かべ、「私のキャリアで間違いなく最も悲しい日。自分にとってのスペイン代表は終わった。夢に見た終わり方ではないが、フットボールと人生はこういうものだよ」と言葉を続けた。

 1次リーグで敗退した前回王者のドイツに続き、前々回覇者まで姿を消す波乱。世界のサッカーフリークにとっては残念な結果だが、代表引退でイニエスタがJリーグでのプレーに集中できるなら、日本のファンにとっては悪いことではないのかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る