• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

安全ネットで巨大国旗 イングランド足場会社がW杯珍応援

 英国南東部イースト・サセックスの8階建てのビルに6月26日、白地に赤十字の巨大な“イングランド国旗”が出現した。もちろん、サッカーW杯ロシア大会の決勝トーナメント進出を決めたイングランドを応援するためだ。

 英紙イブニング・スタンダード(1日付電子版)によると、国旗を作ったのは、足場工事の専門会社「シーズンズ・スコフォールディング」の経営者スティーブ・イーソンさんと10人の作業員。補修作業のために組んだ足場に赤と色のセーフティーネットを張り、縦18メートル、横36メートルの巨大な「セント・ジョージ・クロス」を出現させた。

 イーソンさんは同紙に、巨大な国旗を作った理由をこう語った。

「天気は良かったし、W杯だからね、やってみたんだ。みんなに笑顔になってもらいたいし、代表チームに『俺たちが後ろで応援してるぞ』って示したかった。みんな興味を持ってくれてね。素晴らしいことだ」

「国旗は2カ月間、このままにしておくよ。W杯の成績にかかわらずね。でも優勝したら、何か付け加えようと思ってる。金色の優勝カップかな」

 イングランドは日本時間で4日午前3時、ベスト8進出をかけてコロンビアと激突する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  9. 9

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る