• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

安全ネットで巨大国旗 イングランド足場会社がW杯珍応援

 英国南東部イースト・サセックスの8階建てのビルに6月26日、白地に赤十字の巨大な“イングランド国旗”が出現した。もちろん、サッカーW杯ロシア大会の決勝トーナメント進出を決めたイングランドを応援するためだ。

 英紙イブニング・スタンダード(1日付電子版)によると、国旗を作ったのは、足場工事の専門会社「シーズンズ・スコフォールディング」の経営者スティーブ・イーソンさんと10人の作業員。補修作業のために組んだ足場に赤と色のセーフティーネットを張り、縦18メートル、横36メートルの巨大な「セント・ジョージ・クロス」を出現させた。

 イーソンさんは同紙に、巨大な国旗を作った理由をこう語った。

「天気は良かったし、W杯だからね、やってみたんだ。みんなに笑顔になってもらいたいし、代表チームに『俺たちが後ろで応援してるぞ』って示したかった。みんな興味を持ってくれてね。素晴らしいことだ」

「国旗は2カ月間、このままにしておくよ。W杯の成績にかかわらずね。でも優勝したら、何か付け加えようと思ってる。金色の優勝カップかな」

 イングランドは日本時間で4日午前3時、ベスト8進出をかけてコロンビアと激突する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

  6. 6

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  7. 7

    中国人女優・范冰冰さん 消息不明の背景に脱税と暴露合戦

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  10. 10

    年内にもソウル訪問 金正恩が納得する“警護”間に合うのか

もっと見る