安全ネットで巨大国旗 イングランド足場会社がW杯珍応援

公開日:

 英国南東部イースト・サセックスの8階建てのビルに6月26日、白地に赤十字の巨大な“イングランド国旗”が出現した。もちろん、サッカーW杯ロシア大会の決勝トーナメント進出を決めたイングランドを応援するためだ。

 英紙イブニング・スタンダード(1日付電子版)によると、国旗を作ったのは、足場工事の専門会社「シーズンズ・スコフォールディング」の経営者スティーブ・イーソンさんと10人の作業員。補修作業のために組んだ足場に赤と色のセーフティーネットを張り、縦18メートル、横36メートルの巨大な「セント・ジョージ・クロス」を出現させた。

 イーソンさんは同紙に、巨大な国旗を作った理由をこう語った。

「天気は良かったし、W杯だからね、やってみたんだ。みんなに笑顔になってもらいたいし、代表チームに『俺たちが後ろで応援してるぞ』って示したかった。みんな興味を持ってくれてね。素晴らしいことだ」

「国旗は2カ月間、このままにしておくよ。W杯の成績にかかわらずね。でも優勝したら、何か付け加えようと思ってる。金色の優勝カップかな」

 イングランドは日本時間で4日午前3時、ベスト8進出をかけてコロンビアと激突する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る