• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

メキシコ戦もファウル6回…FWネイマール“過剰悶絶”の魂胆

 王国ブラジルがエースの攻守にわたる働きで7大会連続8強進出を決めた。

 前回王者ドイツを破って1次リーグを勝ち上がってきたメキシコ相手に、FWネイマール(26=パリサンジェルマン)が見せ場をつくった。

 後半6分、MFビリアン(29=チェルシー)の左からの素早いクロスに滑り込んで押し込む先制ゴール。43分には、中央付近でボールを受けると、自らゴール前まで持ち込み、相手DFの裏を突く絶妙なパスで2点目をアシストした。

 守っては前線でプレッシャーをかけ、相手が得意とするカウンターを何度となく封じるなど、献身的なプレーも見せた。

 世界を代表するストライカーの実力は誰もが認めるところ。相手の厳しいマークにさらされるのはいつものことだが、この日の試合でも初の8強入りを目指すメキシコDF陣から6度のファウルを受けた。後半25分すぎには相手と交錯してペナルティーエリア外で倒れ込むと、相手MFラジュン(29=セビリア)がボールを拾い上げる際に右足を踏まれて悶絶。苦しそうな表情でアイシングを受けるなどして、しばらく起き上がれなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  3. 3

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  4. 4

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  7. 7

    DeNA伊藤光を直撃 トレード1週間で即スタメンマスクの心境

  8. 8

    年俸500万円でDeNAへ 中後が語っていたマイナー時代の苦労

  9. 9

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  10. 10

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

もっと見る