• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

メキシコ戦もファウル6回…FWネイマール“過剰悶絶”の魂胆

 王国ブラジルがエースの攻守にわたる働きで7大会連続8強進出を決めた。

 前回王者ドイツを破って1次リーグを勝ち上がってきたメキシコ相手に、FWネイマール(26=パリサンジェルマン)が見せ場をつくった。

 後半6分、MFビリアン(29=チェルシー)の左からの素早いクロスに滑り込んで押し込む先制ゴール。43分には、中央付近でボールを受けると、自らゴール前まで持ち込み、相手DFの裏を突く絶妙なパスで2点目をアシストした。

 守っては前線でプレッシャーをかけ、相手が得意とするカウンターを何度となく封じるなど、献身的なプレーも見せた。

 世界を代表するストライカーの実力は誰もが認めるところ。相手の厳しいマークにさらされるのはいつものことだが、この日の試合でも初の8強入りを目指すメキシコDF陣から6度のファウルを受けた。後半25分すぎには相手と交錯してペナルティーエリア外で倒れ込むと、相手MFラジュン(29=セビリア)がボールを拾い上げる際に右足を踏まれて悶絶。苦しそうな表情でアイシングを受けるなどして、しばらく起き上がれなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る