メキシコ戦もファウル6回…FWネイマール“過剰悶絶”の魂胆

公開日:  更新日:

 王国ブラジルがエースの攻守にわたる働きで7大会連続8強進出を決めた。

 前回王者ドイツを破って1次リーグを勝ち上がってきたメキシコ相手に、FWネイマール(26=パリサンジェルマン)が見せ場をつくった。

 後半6分、MFビリアン(29=チェルシー)の左からの素早いクロスに滑り込んで押し込む先制ゴール。43分には、中央付近でボールを受けると、自らゴール前まで持ち込み、相手DFの裏を突く絶妙なパスで2点目をアシストした。

 守っては前線でプレッシャーをかけ、相手が得意とするカウンターを何度となく封じるなど、献身的なプレーも見せた。

 世界を代表するストライカーの実力は誰もが認めるところ。相手の厳しいマークにさらされるのはいつものことだが、この日の試合でも初の8強入りを目指すメキシコDF陣から6度のファウルを受けた。後半25分すぎには相手と交錯してペナルティーエリア外で倒れ込むと、相手MFラジュン(29=セビリア)がボールを拾い上げる際に右足を踏まれて悶絶。苦しそうな表情でアイシングを受けるなどして、しばらく起き上がれなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  2. 2

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  3. 3

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  4. 4

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  5. 5

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  6. 6

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

  9. 9

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

  10. 10

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

もっと見る