決勝Tベルギー戦惜敗が覆い隠す 日本サッカーの深層と今後

公開日:

 2―0とリードしながら、同点に追い付かれた揚げ句、アディショナルタイムでまさかの逆転負けを食らったサッカーW杯の日本代表。

 日本時間3日午前3時スタートの決勝トーナメント1回戦。日本は世界ランク3位のベルギーを追い詰めながら、しかし最後の最後でうっちゃられた。ネット上には「よくやった」「夢を見させてもらった」という書き込みがあふれ、テレビや新聞の電子版も「惜しくも8強ならず」と報じた。

 これまでの報道も含め、スポーツマスコミは日本代表の決勝T進出、16強入りを「快挙」「快進撃」と、しきりにヨイショしている。

 が、本当にそうか。ほとんどすべてのマスコミが大騒ぎするほどの「快挙」で「快進撃」か。

■「決勝T進出は単なる僥倖」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  3. 3

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  4. 4

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  10. 10

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

もっと見る