マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

右肩を残しシャフトの回転でフェースを返すと引っかけミスが減る

公開日:  更新日:

 ドライバーは右曲がりのミスが多いのに、ショートアイアンを手にすると、ドライバーとは逆に、左曲がりのミスを連発してしまう……。

 9番アイアンやウエッジを手にした時、左に引っかかる悩みを抱えるアマチュアは少なくないが、これには理由がある。

 ドライバーに比べると、ショートアイアンはクラブが短い。このため、ドライバーと同じくアウトサイドインの軌道でスライスが出る打ち方をしても振り遅れない。

 加えて、クラブが短いのでフェースを返しやすくなる。結果、ショートアイアンではボールは狙いよりも左に飛び出して、左に曲がるミスが出やすくなるのである。

 では、どうすればショートアイアンで左へのミスを減らせるのか?

 ポイントとなるのはダウンスイングの軌道と、フェースの返し方だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  7. 7

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る