マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

右肩を残しシャフトの回転でフェースを返すと引っかけミスが減る

公開日:  更新日:

 ドライバーは右曲がりのミスが多いのに、ショートアイアンを手にすると、ドライバーとは逆に、左曲がりのミスを連発してしまう……。

 9番アイアンやウエッジを手にした時、左に引っかかる悩みを抱えるアマチュアは少なくないが、これには理由がある。

 ドライバーに比べると、ショートアイアンはクラブが短い。このため、ドライバーと同じくアウトサイドインの軌道でスライスが出る打ち方をしても振り遅れない。

 加えて、クラブが短いのでフェースを返しやすくなる。結果、ショートアイアンではボールは狙いよりも左に飛び出して、左に曲がるミスが出やすくなるのである。

 では、どうすればショートアイアンで左へのミスを減らせるのか?

 ポイントとなるのはダウンスイングの軌道と、フェースの返し方だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  4. 4

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  5. 5

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  6. 6

    雄星「4年60億円」の反動懸念 “温厚”シアトルでも痛い目に

  7. 7

    北方領土問題には触れず 日ロ首脳会談はやはり“中身ゼロ”

  8. 8

    問題山積でも突き進む…外国人労働者受け入れに専門家警鐘

  9. 9

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  10. 10

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

もっと見る