• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

右肩を残しシャフトの回転でフェースを返すと引っかけミスが減る

 ドライバーは右曲がりのミスが多いのに、ショートアイアンを手にすると、ドライバーとは逆に、左曲がりのミスを連発してしまう……。

 9番アイアンやウエッジを手にした時、左に引っかかる悩みを抱えるアマチュアは少なくないが、これには理由がある。

 ドライバーに比べると、ショートアイアンはクラブが短い。このため、ドライバーと同じくアウトサイドインの軌道でスライスが出る打ち方をしても振り遅れない。

 加えて、クラブが短いのでフェースを返しやすくなる。結果、ショートアイアンではボールは狙いよりも左に飛び出して、左に曲がるミスが出やすくなるのである。

 では、どうすればショートアイアンで左へのミスを減らせるのか?

 ポイントとなるのはダウンスイングの軌道と、フェースの返し方だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る