エンゼルス大谷は苦戦必至 “元女房”アストロズ移籍の波紋

公開日:

 大谷翔平(24)にとって、最悪のトレードになるかもしれない。

 エンゼルスが26日(日本時間27日)、正捕手のマルドナド(31)を同地区のアストロズに放出したからだ。

 大谷の女房役でもあったマルドナドは移籍1年目の昨季、ゴールドグラブを受賞。捕手出身のソーシア監督も認める洞察力とコミュニケーション能力の高さで、大谷をはじめとする若手投手陣をリードしてきた。渡米1年目で右も左も分からない大谷も「たくさん勉強させてもらった」と話している。その頭脳派捕手がよりによってライバル球団に移籍したから、投手としてはもちろん、現在専念している打者としても大きな影響を受けるのは必至だ。

 打者としての大谷はただでさえ、アストロズ戦の成績が悪い。ここまで19打数4安打の打率.211、本塁打、打点ともゼロで、7三振。中でも左右の両エースに対してはからっきし。左腕・カイケルに対して3打数無安打、3三振なら、バーランダーには7打数1安打(打率.143)、3三振と抑えられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

もっと見る