エンゼルス大谷は苦戦必至 “元女房”アストロズ移籍の波紋

公開日: 更新日:

 大谷翔平(24)にとって、最悪のトレードになるかもしれない。

 エンゼルスが26日(日本時間27日)、正捕手のマルドナド(31)を同地区のアストロズに放出したからだ。

 大谷の女房役でもあったマルドナドは移籍1年目の昨季、ゴールドグラブを受賞。捕手出身のソーシア監督も認める洞察力とコミュニケーション能力の高さで、大谷をはじめとする若手投手陣をリードしてきた。渡米1年目で右も左も分からない大谷も「たくさん勉強させてもらった」と話している。その頭脳派捕手がよりによってライバル球団に移籍したから、投手としてはもちろん、現在専念している打者としても大きな影響を受けるのは必至だ。

 打者としての大谷はただでさえ、アストロズ戦の成績が悪い。ここまで19打数4安打の打率.211、本塁打、打点ともゼロで、7三振。中でも左右の両エースに対してはからっきし。左腕・カイケルに対して3打数無安打、3三振なら、バーランダーには7打数1安打(打率.143)、3三振と抑えられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  2. 2

    損しないために“ねんきん定期便”確認すべき3つのポイント

  3. 3

    広瀬すずvs永野芽郁 NHK朝ドラの次は映画で対決か?

  4. 4

    若林ドン引き オードリー春日「浮気謝罪で100万円」の性根

  5. 5

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

  6. 6

    花嫁の逆襲 私の結婚式を台無しにしたあの女が許せない!

  7. 7

    日米安保破棄を示唆 トランプ発言の狙いは日米貿易交渉

  8. 8

    オードリー春日の浮気発覚 人間の性根は簡単に変わらない

  9. 9

    超肉食同士は食い合わない?蒼井優が唯一落とせなかった男

  10. 10

    闇営業問題でTV各局大慌て…“我が道”路線テレ東の対応は?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る