• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

エンゼルス大谷は苦戦必至 “元女房”アストロズ移籍の波紋

 大谷翔平(24)にとって、最悪のトレードになるかもしれない。

 エンゼルスが26日(日本時間27日)、正捕手のマルドナド(31)を同地区のアストロズに放出したからだ。

 大谷の女房役でもあったマルドナドは移籍1年目の昨季、ゴールドグラブを受賞。捕手出身のソーシア監督も認める洞察力とコミュニケーション能力の高さで、大谷をはじめとする若手投手陣をリードしてきた。渡米1年目で右も左も分からない大谷も「たくさん勉強させてもらった」と話している。その頭脳派捕手がよりによってライバル球団に移籍したから、投手としてはもちろん、現在専念している打者としても大きな影響を受けるのは必至だ。

 打者としての大谷はただでさえ、アストロズ戦の成績が悪い。ここまで19打数4安打の打率.211、本塁打、打点ともゼロで、7三振。中でも左右の両エースに対してはからっきし。左腕・カイケルに対して3打数無安打、3三振なら、バーランダーには7打数1安打(打率.143)、3三振と抑えられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

もっと見る