エンゼルス大谷は苦戦必至 “元女房”アストロズ移籍の波紋

公開日:

 大谷翔平(24)にとって、最悪のトレードになるかもしれない。

 エンゼルスが26日(日本時間27日)、正捕手のマルドナド(31)を同地区のアストロズに放出したからだ。

 大谷の女房役でもあったマルドナドは移籍1年目の昨季、ゴールドグラブを受賞。捕手出身のソーシア監督も認める洞察力とコミュニケーション能力の高さで、大谷をはじめとする若手投手陣をリードしてきた。渡米1年目で右も左も分からない大谷も「たくさん勉強させてもらった」と話している。その頭脳派捕手がよりによってライバル球団に移籍したから、投手としてはもちろん、現在専念している打者としても大きな影響を受けるのは必至だ。

 打者としての大谷はただでさえ、アストロズ戦の成績が悪い。ここまで19打数4安打の打率.211、本塁打、打点ともゼロで、7三振。中でも左右の両エースに対してはからっきし。左腕・カイケルに対して3打数無安打、3三振なら、バーランダーには7打数1安打(打率.143)、3三振と抑えられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  6. 6

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  7. 7

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る